トップ > エンタメ > TV・映画 > 「ミセスコップ2」キム・ボム、致命的な魅力の歴代級悪役誕生を予告

「ミセスコップ2」キム・ボム、致命的な魅力の歴代級悪役誕生を予告

「ミセスコップ2」 

  • 「ミセスコップ2」キム・ボム、致命的な魅力の歴代級悪役誕生を予告
俳優キム・ボムの魅力的な悪役演技が披露される。

キム・ボムは今日(5日)初放送されるSBSの新しい週末ドラマ『ミセスコップ2』で無法の天才「イ・ロジュン」役で果敢な変身を試み、歴代級の悪役誕生を予告する。

キム・ボムは、劇中で最高の資本と情報力で、他人よりも3~4歩先を行く若いCEO「イ・ロジュン」役を演じる。持って生まれた容貌と洗練されたマナー、ここにコートの襟を立てても違和感のないファッションセンスまで、彼を見た人は誰でも好感を持つようになるが、実際には内面で、相手の情報をひとつ揺るがせば、他の10を得ることができることを本能的に知っている、ずば抜けた頭脳を持ちながらも悪辣な姿を持っている。

「イ・ロジュン」の二重の魅力は、公開されたスチールカットでも確認できる。母親のソ・ジョンミ(チャ・ファヨン)の前では、少年のように澄んだ笑顔を浮かべるが、夜になると餌を逃さないというような鋭い目つき、肝が冷えるような冷酷な笑顔で、近づくことのできない冷血な姿を見せている。

キム・ボムは「イ・ロジュンは成功したCEOで、経済的にも余裕があるが、満たされない何かから来る強迫観念がある。だから、自分の目標を達成できないと感情調節に障害が生じるが、そこから引き起こされる感情の変化こそ悪役イ・ロジュンだけの差別化された特徴になりそうだ」と明らかにした。

制作陣は「キム・ボムが引き受けたイ・ロジュンは、昼と夜が180度異なるヤヌス的性格を持った人物で、キム・ボムは一度はまると抜け出すことができない致命的な魅力と悪魔的な美しさでキャラクターを完成させている」とし、「善悪を越えて、個性的で魅力的なキャラクターに熱狂することの多い最近の視聴者のニーズに正確に食い込む歴代級悪役になると期待している」と伝えた。

一方、『ミセスコップ2』は、ニューヨークから来た反転魅力のスーパーミセスコップのコ・ユンジョン(キム・ソンリョン)と独特の個性を持つチームメンバーが集まった強力1チームの活躍を描く世代を問わずに共感できる捜査ドラマで、今夜初回が放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-03-05 10:46:08