トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「テバク」1話、チャン・グンソクがチョン・グァンリョルに憤怒

「テバク」1話、チャン・グンソクがチョン・グァンリョルに憤怒

「テバク」1話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「テバク」1話、チャン・グンソクがチョン・グァンリョルに憤怒
チャン・グンソクがチョン・グァンリョルの言葉に怒りを見せた。

28日午後10時に初放送されたSBS『テバク』は、ペク・デギル(チャン・グンソク)とイ・インジャ(チョン・グァンリョル)が並んで座って将棋を指すシーンからドラマがスタートした。

ペク・デギルはイ・インジャに「王を助けたとしても、数多くの卒(韓国の将棋で最も小さい駒)がすべて死ぬなら、何の意味があるのか」と言ったが、イ・インジャは「大義のために犠牲は必ず必要なものだ」と言って、彼の言葉に反論する。

これにペク・デギルは「一体誰のための大義か」と言い、イ・インジャは「この国、朝鮮のために、民のために」と答えた。これを聞いたペク・デギルは怒りながら「民?その口で民と言うのか」と強く反発した。

続いて「そうだな。あんたは大義のために誰でも殺す人だ。どうだ、一度殺してみろ」とイ・インジャを誘発し、これにイ・インジャの護衛武士はペク・テギルを殺そうとするが、ペク・デギルの護衛武士がこれを防ぎ、緊張感が漂った。
  • シックニュース チョ・ヘジン記者 / 写真=SBS「テバク」画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-03-28 22:09:00