トップ > エンタメ > TV・映画 > 2PMジュノがイ・ソンミンのため怒り爆発、ユン・ソヒはデート申請

2PMジュノがイ・ソンミンのため怒り爆発、ユン・ソヒはデート申請

「記憶」5話 

  • 2PMジュノがイ・ソンミンのため怒り爆発、ユン・ソヒはデート申請
イ・ジュノの怒りが爆発し、ユン・ソヒはイ・ジュノにデート申請をした。

tvN金土ドラマ『記憶』側は1日放送予定の5話予告編を公開した。

公開された予告の中で韓国グループ副社長シン・ヨンジン(イ・ギウ扮)は自身を殴ったパク・テソク(イ・ソンミン扮)の処分をイ・チャンム(チョン・ノミン扮)に伝えた。

シン・ヨンジンはパク・テソクを法曹界から追放することを望んでいた。

これを聞いたチョン・ジン(イ・ジュノ扮)は「パク弁護士がやりすぎたことは事実だが、これはパク弁護士とシン副社長が解決すべき個人的な問題だ」と怒りを爆発させた。続けて「韓国グループ副社長だろうと大統領だろうと誰も自分の力を利用して暴君を振るうことは犯罪でずるがしこく卑怯なことだ」とシン・ヨンジンを糾弾した。

その後、イ・チャンムの部屋を出たチョン・ジンにポン・ソナ(チョ・ユニ扮)は「明日の夜時間があったらご飯を食べましょう。できればお酒がいい」とデート申請をした。頷くチョン・ジンと別れたポン・ソナはその後一人で恥ずかしそうな姿を見せて二人の今後の展開に期待を高めさせた。

またパク・テソクはシン・ヨンジンの父シン・ファシクに直接連絡をし再びシン・ヨンジンの前に現れて物語の緊張感を高めた。
  • O2CNI / 写真=ネイバーTVキャスト画面キャプチャー
  • 入力 2016-04-01 17:00:00