「テバク」3話、チャン・グンソクが本格的に登場…苦労デギルを予告

「テバク」3話 

『テバク』チャン・グンソクが登場から走り転がる。

チャン・グンソクがSBS月火ドラマ『テバク』にて、王の忘れられた息子デギル役を演じて視聴者と出会う準備を終えた。デギルは半年で生まれた子供として母親によって宮の外に出ることとなった人物。胸に矢を受け、絶壁から落とされても生き残ったのがデギルだ。決して平凡ではない運命のデギルと、カラーのある俳優チャン・グンソクの調和が期待を集める。

チャン・グンソクの熱演は去る2月、『テバク』制作陣と記者の出会いでも予告された。当時クォン・スンギュ作家とナム・ゴン監督は力強いエネルギーを持つ俳優チャン・グンソクについて強い信頼を隠さなかった。中でも干潟や肥溜めに落ちる場面などを言及し、チャン・グンソクの苦労と熱演を耳打ちした。2年ぶりのお茶の間復帰作となる『テバク』に対するチャン・グンソクの情熱にも言及した。それほどに多くの視聴者が彼の登場を待ち焦がれている。

このような中で4日放送される『テバク』にてチャン・グンソクをはじめとしてヨ・ジング(ヨニングン役/後の英祖)、イム・ジヨン(ダムソ役)など若者3人衆が本格的に出撃する。中でもチャン・グンソクは登場から走って転がる苦労を見せる予定だ。

制作陣が公開した3話の撮影スチールの中でデギルは顔の半分を隠す帽子をかぶりあちこちを駆け巡っている。体の大きな男と向き合って座り、しらじらしく手で一方を指していたり、斧を持った山賊を避けて手すりを飛び越えている。また別の写真ではどこかに隠れたような鋭く光らせた眼差しで周辺を気にしている姿で彼がどうしてそのような姿を見せているのか、視聴者の関心を高めている。

『テバク』は天下と愛を賭けて巻き起こる王の忘れられた息子デギル(チャン・グンソク扮)とその弟英祖(ヨ・ジング扮)の対決を描くドラマだ。
  • MBNスター クム・ピッナ記者 / 写真提供=SBS | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-04-04 11:41:32