「テバク」4話、チャン・グンソクが雨の中で強烈な視線と張り詰めた演技披露

「テバク」4話 

俳優チャン・グンソクがドラマ『テバク』にて雨の中の熱演を繰り広げる。

5日放送されるSBS月火ドラマ『テバク』4話では降りしきる雨の中で体を棍杖台に縛られたデギル(チャン・グンソク扮)の姿が描かれる。

前回までの放送にてデギルは父親ペク・マングム(イ・ムンシク扮)、祖父のように慕うナムトケビ(イム・ヒョンシク扮)とともに漢陽に向かい、どんなことが巻き起こるのか視聴者の関心を呼び起こしていた状況。果たしてデギルはなぜ雨の中で棍杖台に縛り付けられることとなったのか、注目が集まっている。

何よりも目を引くのは切実さを込めたチャン・グンソクの表現力だ。彼は泣き叫ぶような表情、怒りを込めたような眼差し、体を縛られている状況でも力の入ったからだの動きを通じてデギルの強い意志を描き出している。公開される写真ごとに俳優チャン・グンソクの情熱を垣間見ることができるほどに『テバク』の中のチャン・グンソクの活躍がさらに期待される。
  • O2CNI / 写真=SBS
  • 入力 2016-04-05 15:40:00