「町の弁護士チョ・ドゥルホ」、「テバク」を抑えて月火ドラマの王座に


『町の弁護士チョ・ドゥルホ』が同時間帯1位を固守していた『テバク』を押し出して月火ドラマの王座を占めた。

視聴率調査会社ニールセンコリアの集計結果によると、5日夜に放送されたKBS『町の弁護士チョ・ドゥルホ』4話は11.3%(以下、全国基準)の視聴率を記録した。これは去る4日の放送分の10.9%より0.4%ポイント上昇した数値であり、同時間帯1位に該当する。

これに対し、初回からずっと1位を走っていたSBS『テバク』は9.5%の視聴率を記録し、前日の放送分(11.6%)より2.1%ポイント低下した数値に急落した。

MBC『モンスター』は、過去の放送分の9.5%より0.6%ポイント下落した8.9%の視聴率を見せ、月火ドラマ の最下位から抜け出すことができなかった。
  • スタートゥデイ イ・ジョンヨン記者
  • 入力 2016-04-06 08:04:07