「テバク」4話 チャン・グンソクとヨ・ジングがイム・ジヨンを巡って賭け

「テバク」4話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

ドラマ『テバク』4話で、チャン・グンソクとヨ・ジングが賭けをした。

5日夜に放送されたSBS月火ドラマ『テバク』(クォン・スンギュ脚本、ナム・ゴン演出)4話では、ペク・デギル(チャン・グンソク扮)とヨニングン(後の英祖 / ヨ・ジング扮)がダムソ(イム・ジヨン扮)を巡って賭けを行う姿が描かれた。

ダムソに一目惚れしたペク・デギルは、彼女が踊る姿に見とれていた。彼は市場の賭博場で出くわしたヨニングンがダムソを見つめていることを知って、彼の胸ぐらをつかんで「誰をそんなにいやらしい目つきで見つめているのか」と怒った。

これに対してヨニングンが「あの女性があなたの情人にでもなるのか」と尋ねると、ペク・デギルは「私の嫁になる人だから、関心を持つな」と応酬した。これを見た人々は、負けた人が服を脱ぐ賭けをしようと提案した。

勝利は知恵を働かせたヨニングンのものとなった。ペク・デギルはダムソの前で上半身を脱衣して笑いを誘った。
  • シックニュース キム・ジヨン記者 / 写真=SBS画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-04-05 22:33:00