「テバク」5話予告 チョン・グァンリョル、チャン・グンソクの首を掴む

「テバク」5話 

『テバク』のチョン・グァンリョルがチャン・グンソクの首を掴んで、本格的な復讐劇の始まりを知らせた。

10日、SBS月火ドラマ『テバク』側は、チョン・グァンリョルとチャン・グンソクが向き合って対立している写真を公開した。感情を読むことのできない目つきでチャン・グンソクの首を掴むチョン・グァンリョルの姿が視線をひきつける。

『テバク』の制作陣は、「チョン・グァンリョルとチャン・グンソク。2人の俳優の熱演が劇中のイ・インジャとデギルの息の詰まる存在感を完全に生かした。凄絶なデギルの復讐と、襲い掛かるデギルを遮るイ・インジャのカリスマが嵐のように吹き荒れるだろう」と伝えた。

去る4話の放送では、父親のペク・マングム(イ・ムンシク)と一緒に漢陽に上京し、ペク・デギルという新しい名前と両班の地位を得る場面が描かれた。

喜びもつかの間、朝鮮の反乱を夢見るイ・インジャ(チョン・グァンリョル)がペク・マングムを殺しながらデギルが今後どのように変化するのかに視聴者の関心が集まっている。

SBSの新しい月火ドラマ『テバク』は、天下と愛をめぐる、王の忘れられ息子デギルとその弟の英祖の対決を描いたファクション史劇だ。父の死により暗くなったデギルのストーリーは4月11日に放送される『デギル』5話で確認することができる。
  • デジタルニュース局 キム・ユンジン インターン記者 / 写真=SBS
  • 入力 2016-04-11 15:12:15