「テバク」5話、チャン・グンソクがイ・ムンシクの死に復讐を誓う

「テバク」5話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『テバク』でチャン・グンソクはイ・ムンシクが死亡すると、復讐を誓った。

11日午後に放送されたSBS月火ドラマ『テバク』5話では、デギル(チャン・グンソク扮)が父マングム(イ・ムンシク扮)の死に嗚咽する姿が描かれた。

マングムはデギルに向かって飛んでくる矢に代わりに当たり最終的に死に至った。

気を失って倒れたデギルは、目を開くやいなや、父マングムを探した。

しかし、マングムはすでに息を引き取った状態だった。

この事実を知ったデギルは「父を生き返らせろ」と嗚咽し始めた。

続いて鎌を手に取った彼は「父をこんな姿にした奴を見つけて復讐する」と言った。

するとナム・ドケビ(イム・ヒョ​​ンシク扮)は「それを持って行けば大変なことになる」と止めた。

しかし、すでにデギルは復讐を誓った状態だ。彼は「では我慢しないといけないのか」とし「この様を見ても我慢しているのか。なぜ死んだのかもわからないのに、私を探すな」と言った後、歩み出した。
  • MBNスター ソン・ジンア記者 / 写真=SBS放送『テバク』キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-04-11 22:21:41