トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「テバク」6話予告 限界線を超えたチャン・グンソクの殺気溢れる帰還

「テバク」6話予告 限界線を超えたチャン・グンソクの殺気溢れる帰還

「テバク」6話 

  • 「テバク」6話予告 限界線を超えたチャン・グンソクの殺気溢れる帰還
11日に放送された『テバク』の放送末尾には、6話の予告編が短く公開された。

12日に放送されるSBS『テバク』6話では、ホンメ(ユン・ジヘ扮)が海岸でデギル(チャン・グンソク扮)を探し出したが、何も覚えていないデギルの姿を見てアグィのもとへ連れて行き、奴婢として売ってしまう。

デギルはアグィから逃げるために山に入り、そこでキム・チェゴン(アン・ギルガン扮)に再会するが、再びアグィに捕まってしまう。

そしてアグィと一緒に闘銭(賭博)部屋を訪れたデギルはそこで出会ったイ・インジャ(チョン・グァンリョル)に賭けを提案する。

SBS『テバク』は闘銭を題材にした史劇で、忘れられた王子のデギルとその弟ヨニングン(後の英祖)が天下と愛をめぐり対決する姿を描いたドラマだ。

一方、この予告編を見たネットユーザーは「今日の5話を見たけど、チャン・グンソクの演技が上手でびっくり。明日も見ないと」「やっぱり子役俳優だったからか、その経験やキャリアはなくならない。チャン・グンソク苦労しただろうな」などの反応を見せた。
  • O2CNI / 写真=SBS放送「テバク」キャプチャー
  • 入力 2016-04-12 12:05:00