「テバク」チャン・グンソク-ヨ・ジング名品演技でお茶の間を魅了

「テバク」7話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。


『テバク』にてチャン・グンソクとヨ・ジングの没頭度を高める演技が話題を集めている。

18日放送されたSBS月火ドラマ『テバク』7話ではイ・インジャ(チョン・グァンリョル扮)の力をしっかりと知ることになったペク・デギル(チャン・グンソク扮)とヨニングン(ヨ・ジング扮)が挫折し、次に彼を負かすことを心に決める姿が描かれた。

この日イ・インジャと闘銭を繰り広げるペク・デギルは目を隠したまま望む牌を取り出すイ・インジャの実力に驚愕した。

イ・インジャが「お前の運が良くて生きたのではなく、私が生かしてやったのだ」と話してペク・デギルにさらに大きな衝撃を与えた。

同じ時、ヨニングンは闘銭を行うイ・インジャを現場で急襲し追捕するが、抱川と義禁府はもちろん、司憲府まで続くイ・インジャの人脈に膝をつかねばならなかった。

何よりもイ・インジャの後ろには世子ユン(ヒョヌ扮)がいた。イ・インジャは世子の力を借りてヨニングンを窮地に追いやった。イ・インジャはすべての容疑を脱いで宮を悠々と出てヨニングンに「下品なムスリから生まれた子」だと皮肉を言った。

イ・インジャの壁に塞がれ何もできずに悔しがるヨニングンの涙は視聴者の心まで泣かせた。

ペク・デギルはイ・インジャに向かう復讐を止めなかった。彼はキム・チェゴン(アン・ギルガン扮)を訪ねて正式に弟子となることを明かした。ペク・デギルは塩田の奴婢を助けるためにアグィ(キム・レハ扮)の家を訪れ、自身を犠牲にして奴婢を自由にしてやった。紆余曲折があったが、ペク・デギルはキム・チェゴンの弟子となり今後の展開に期待を高めた。

しかしイ・インジャもまたこれらすべてを知っているという場面が描かれてドラマに緊張感を吹き込んだ。イ・インジャは部下を通じてペク・デギルとヨニングンの行動をすべて手中に収めていた。

イ・インジャとの対決後、彼の力を知ることになったデギルとヨニングンが今後どのような方法でイ・インジャを超えることとなるのか、関心が集まっている。
  • 毎日経済デジタルニュース局イ・ミンジ インターン記者 / 写真=SBS放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-04-19 14:25:39