トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「テバク」イム・ジヨン、父の死の真実知った…「私の道を行く」

「テバク」イム・ジヨン、父の死の真実知った…「私の道を行く」

「テバク」10話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。
  • 「テバク」イム・ジヨン、父の死の真実知った…「私の道を行く」
『テバク』イム・ジヨンが父の死に関する秘密を知った。

26日放送されたSBS月火ドラマ『テバク』では粛宗(チェ・ミンス扮)のもとを訪ねるダムソ(イム・ジヨン扮)の姿が描かれた。

ヨニングン(ヨ・ジング扮)の看護により命をつないだダムソは粛宗のもとを訪ねた。

粛宗はダムソに「目を開けなさい。まだ私がお前の父を殺したと思っているのか?お前の父イス(ソン・ジョンホ扮)を殺した人間は私ではなく、お前の育ての親であり師匠イ・インジャ(チョン・グァンリョル扮)だ」と明かした。

ダムソは粛宗の言葉に衝撃を受け、イ・インジャのもとに向かった。イ・インジャは「お前の父は自ら死を選んだ。それがお前の父の信念でありお前の信念でなければならない」と説得した。

しかしダムソは「いいえ、我々の信念はそんなことではありません。これ以上師匠と仰ぐことはできなくなりました。私の信念通りに私の道を行きます」とイ・インジャのもとを去った。
  • MBNスター ナム・ウジョン記者 / 写真=SBS放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-04-26 22:31:40