トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「テバク」ヨ・ジングがチャン・グンソクに「同士になれると思う」

「テバク」ヨ・ジングがチャン・グンソクに「同士になれると思う」

「テバク」11話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。
  • 「テバク」ヨ・ジングがチャン・グンソクに「同士になれると思う」
『テバク』チャン・グンソクがヨ・ジングの提案を拒んだ。

2日放送されたSBS月火ドラマ『テバク』では漢陽にのぼったペク・デギル(チャン・グンソク扮)とヨニングン(ヨ・ジング扮)が遭遇する姿が描かれた。

ヨニングンはデギルに酒を勧め、「私たちは友にはなれなくとも、同士にはなれると思う。お前も父親の復讐をするのではないか」と共に意を合わせようと提案した。

これにデギルは「私は復讐がすべてではない。もっと大きな意がある」とし「私は私なりにやることがある。そちらは思った通りにやれ。私の前で妨害せずに」と話した。

ヨニングンは「今私の好意を無視するのか?」と尋ねたが、デギルは「まったく好意には思えない」と彼の提案を断った。
  • MBNスター ナム・ウジョン記者 / 写真=SBS放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-05-02 22:31:13