トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「テバク」チャン・グンソク、1人多役彷彿せる熱演に視聴者も引き込まれる

「テバク」チャン・グンソク、1人多役彷彿せる熱演に視聴者も引き込まれる


  • 「テバク」チャン・グンソク、1人多役彷彿せる熱演に視聴者も引き込まれる
俳優チャン・グンソクが完全武装を終えて本格的な「直進」を開始させる。

2日放送されたSBS月火ドラマ『テバク』1話ではキム・チェゴン(アン・ギルガン扮)に師事し強くなったペク・デギル(チャン・グンソク扮)が闘銭房にてイ・インジャ(チョン・グァンリョル扮)と再会した。イ・インジャは王の血統に乗って生まれたが、深い奈落を経験したデギルだけが身分制を打破した国を作ることができると考え、彼を王に引き上げる計画を抱いていた。しかしデギルは「あなたは私にも、王にも、百姓にも味方になることはできない」と背を向けて緊張感を劇的に引き上げた。

何よりも目に飛び込むことはデギルの変化だった。父親を失い、復讐心に燃えて無謀だった過去の姿はもう見えない。厳しい訓練を受けて一層強くなった彼の眼差しと行動、話し方ひとつには余裕さえもにじみ出ている。中でも誰にも気後れせず、堂々としていた特有の自信と覇気においては以前とは違うカリスマまで感じさせたという反応を受けている。

このように実践に突入したペク・デギルの歩みは、俳優チャン・グンソクが持つ力を通じてより輝きを発している。1人多役を彷彿とさせるキャラクターの成長をしっかりと表現している彼の熱演は、視聴者が彼の感情と心理により没頭させる原動力となっている。

このため真のイカサマ師となって帰ってきたチャン・グンソク印のペク・デギルが自分の仲間たちと共にどのような反撃を行っていくのか、次の放送により期待が集まる。

雨が降り、さらに強く固まったチャン・グンソクの時代が開き始めたSBS月火ドラマ『テバク』は3日夜10時から12話が放送される。
  • MBNスター オンラインイシューチーム | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-05-03 13:22:53