トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「テバク」14話 ヨ・ジング、チャン・グンソクとユン・ジンソの関係について知る

「テバク」14話 ヨ・ジング、チャン・グンソクとユン・ジンソの関係について知る

「テバク」14話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「テバク」14話 ヨ・ジング、チャン・グンソクとユン・ジンソの関係について知る
『テバク』で母子関係にあるユン・ジンソとチャン・グンソクが会った。

10日に放送されたSBS月火ドラマ『テバク』では、ペク・デギル(チャン・グンソク扮)がコルサを殺した殺人の濡れ衣を着せられる姿が描かれた。

ヨニングン(ヨ・ジング扮)は、ペク・デギルを信じて、彼の殺人の濡れ衣を脱がせるために、直接犯人を捕まえるために動いた。

この知らせを聞いた淑嬪チェ氏(ユン・ジンソ扮)は、自分の実子であるペク・デギルが拷問を受けているところに走って行き、涙を流しながら彼を心配した。

淑嬪チェ氏の行動にペク・デギルは当惑し、涙を流しながら怒る淑嬪チェ氏の姿を見たヨニングンは、2人の関係を疑うようになった。彼は昔に死んだ兄の生年月日を思い出し、ペク・デギルが自分の実兄であるという事実に衝撃を受けた。
  • MBNスター ナム・ウジョン記者 / 写真=SBS放送画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-05-10 22:53:38