トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「テバク」14話 チャン・グンソク、殺人の濡れ衣を着て逃げる

「テバク」14話 チャン・グンソク、殺人の濡れ衣を着て逃げる

「テバク」14話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「テバク」14話 チャン・グンソク、殺人の濡れ衣を着て逃げる
『テバク』でチャン・グンソクが逃亡者になった。

10日に放送されたSBS月火ドラマ『テバク』では、ペク・デギル(チャン・グンソク扮)が殺人の濡れ衣を着る姿が描かれた。

この日、コルサ(キム・ビョンチュン扮)のもとを訪れたペク・デギルは、彼が暗殺者に襲われた姿を発見した。彼は暗殺者と対決し、この暗殺者がダムソ(イム・ジヨン扮)だという事実を知ることになった。

このときコルサの娘ヨンファ(ホン・アルム扮)が部屋に入り、ペク・デギルはダムソが逃げられるようにしてあげた。しかし、倒れたコルサを発見したヨンファはペク・デギルが殺したと誤解した。

ペク・デギルは「私が殺したのではない」と説明したがヨンファは信じず、ペク・デギルは人を避けて逃げ始めた。
  • MBNスター ナム・ウジョン記者 / 写真=SBS放送画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-05-10 22:20:27