「オクニョ 運命の女(ひと)」6話 チェ・テジュン初登場、彼の正体はいったい?

「獄中花」6話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『オクニョ 運命の女(ひと)』6話に俳優チェ・テジュンが登場して注目を集めた。

15日午後に放送されたMBC週末ドラマ『オクニョ 運命の女(ひと)』では、娘のユン・シンヒェ(キム・スヨン扮)に花婿候補を紹介してあげるチョン・ナンジョン(パク・チュミ扮)の姿が描かれた。

この日、チョン・ナンジョンはユン・シンヘに「あなたの夫候補にと考えていた人がいる。松島(ソンド)で一番の金持ちだ。松島の金持ちは、朝鮮最高の金持ちだ」と話した。

続いて居酒屋でお金を巻き上げるために話し合っていたヤン・ドング(イ・ボンウォン扮)の姿が描かれた。ヤン・ドングは「牢獄で官吏たちと口を合わせることができれば、代わり​​に投獄する奴を見つけて、お金を受け取る」と説明した。

これを横で聞いていたソン・ジホン(チェ・テジュン扮)が登場した。正体不明のソン・ジホンは「本当に代わりに投獄する人を見つければいいのか」と話し、「今、兄が閉じ込められているのだが、外に出すことができるのか​​」と尋ねた。

しかし、ヤン・ドングは、ソン・ジホンの身なりを見て首を横に振った。ヤン・ドングが消えると、ソン・ジホンは意味深な笑顔を浮かべた。

チョン・ナンジョンの話の直後に登場したソン・ジホンの姿に、視聴者の関心が集中した。
  • MBNスターキム・ユナ記者 / 写真=獄中花キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-05-15 22:42:42