トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「テバク」15話 チャン・グンソク vs キム・ソンオ、一触即発の勝負を予告

「テバク」15話 チャン・グンソク vs キム・ソンオ、一触即発の勝負を予告

「テバク」15話 

  • 「テバク」15話 チャン・グンソク vs キム・ソンオ、一触即発の勝負を予告
『テバク』のチャン・グンソクが、今度はキム・ソンオと対戦する。

16日、SBS月火ドラマ『テバク』の制作陣は、闘銭房(賭博部屋)で向かい合ったデギル(チャン・グンソク扮)とケジャクドゥ(キム・ソンオ扮)の姿を写した写真を公開した。

公開された写真の中のデギルの手には刀が、ケジャクドゥの手には恐ろしい押し切りが握られており目を引く。これまでの勝負よりもさらに鋭くなった緊張感が漂う。真っ赤な闘銭牌(賭博に使う札)、相手を見つめる2人の鋭くもゆらゆらと燃え上がる目つきなどからも目を離すことができない。

デギルは、これまで、イ・インジャ(チョン・グァンリョル扮)を倒すために、彼が支配する全国の闘銭房を破ってきた。漢陽に入城した後、イ・インジャの手であり足とされる、伝説の勝負師と勝負を繰り広げてきた。この過程で人々を奴隷のように働かせるユクグィシン(チョ・ギョンフン扮)、麻浦(マポ)ナルを牛耳るコルサ(キム・ビョンチュン扮)との対決に勝ってきた。

このようななか、デギルの漢陽進出後、3番目の勝負が予告された。その相手はケジャクドゥだ。何よりもデギルとケジャクドゥの関係が、既存の勝負対象とは全く違っており、より好奇心を刺激する。デギルは過去の放送でコルサを殺したという濡れ衣を着せられて捕まっていた。しかし、コルサを殺した真犯人はイ・インジャの命を受けて動いたケジャクドゥだった。デギルは殺人の濡れ衣を脱ぐために、また粛宗(チェ・ミンス扮)の命を実行するために、ケジャクドゥとの勝負で必ず勝利をおさめなければならない。

これと共に、2人の関係を握っているもう1つのカギがある。まさに、キェ・ソルイム(キム・ガウン扮)だ。ソルイムは過去、デギルが記憶を失って塩田に奴隷として売られたときに出会った。以後、ソルイムはデギルに対する恋心を抱いている状況。しかし、ケジャクドゥもソルイムに花の靴をプレゼントするなど、好感を表わしていた。刀を向け合ったデギルとケジャクドゥを見つめるソルイムの不安な表情がより一層好奇心を刺激する。

今回の勝者ははたして誰になるのか。

16日夜10時に放送される『テバク』15話で公開される。
  • O2CNI / 写真=SBS提供
  • 入力 2016-05-16 09:17:00