[全文掲載]BEAST脱退チャン・ヒョンスンのファンが悪質ネチズンを告訴


グループBEASTを脱退したチャン・ヒョンスンのファンたちが悪質ネチズンを刑事告発した。

チャン・ヒョンスンのファン連合は26日、法務法人セリョンを通じてソウル南部支庁検察庁に刑事告発状を提出した。

ファン連合は被告発人が6ヶ月以上チャン・ヒョンスンについて無差別的な人格的誹謗と虚偽事実を流布し、これは虚偽事実流布および名誉毀損(情報通信網利用促進および情報保護に関する法律)に該当すると主張した。

またファン連合は「今回の悪質ネチズンは一個人に対する処罰や報復ではなく、子供じみた一部の悪性ファンたちの利己的な行動に振り回されない健康で健全なファンダム文化をつくり、成熟したファンダム文化が創られることを願う気持ちで進行した」と告発趣旨を明かした。

以下、ファン連合公式立場の全文

私たちはCUBEエンターテイメント所属歌手チャン・ヒョンスン君のファンです。他でもなく、今回チャン・ヒョンスン君のファンの集まりでは6ヶ月以上チャン・ヒョンスン君に対する無差別的な人格的誹謗と虚偽事実を流布してチャン・ヒョンスン君の名誉を毀損した悪質ネチズンを法務法人セリョンの代表弁護士キム・ジンファン弁護士を通じてソウル南部支庁検察庁に2016年5月26日付で刑事告発状を提出したことをお知らせします。

悪質ネチズンの悪行および告発経緯。被告発人である該当悪質ネチズンはチャン・ヒョンスン君が活動したグループBEASTのあるメンバーのファンであることを自称しながら、チャン・ヒョンスン君のソロアルバム活動の頃からチャン・ヒョンスン君の一挙手一投足について文をブログに掲示しました。

またグループ活動過程にてあったあるイベントへの不参加について釈明を要求する過程にて、釈明にこじつけてチャン・ヒョンスン君に対して批判を超えた、人格非難、セクハラ、そしてソロパフォーマンスを麻薬パフォーマンスと呼んで、まるでチャン・ヒョンスン君が麻薬を使用するというイメージを強く与えるなどチャン・ヒョンスンだけでなく、人間チャン・ヒョンスンに対する深刻な名誉を毀損してきました。

この悪質ネチズンはチャン・ヒョンスン君のソロ活動時期(2015年)からソロパフォーマンスを貶め、チャン・ヒョンスン君の外見や性格についても誹謗する行為をしてきた当事者です。

チャン・ヒョンスン君のソロアルバム不買運動にも関与し、ファンミーティング欠席と関連してチャン・ヒョンスン君誹謗を目的に全体舞台ではない、一部を全体のように拡大解釈、編集および再生産して各種コミュニティに掲載を図り、チャン・ヒョンスン君の一挙手一投足を追跡するストーカー行為を日常として、SNSを通じてチャン・ヒョンスン君に対する侮辱的な言動を行ってきました。

またチャン・ヒョンスン君の知人に対する誹謗と知人についてまでも虚偽事実を流布しました。

単純にイベント不参加に対する釈明を要求するファンではない、悪感情を持って誹謗を目的にして2015年5月チャン・ヒョンスン君のソロ活動から絶え間なく悪行をしてきた人物です。

この悪質ネチズンはチャン・ヒョンスン君に対する非難の文を掲載した悪性の他メンバーファンであるのみ、CUBEエンターテイメントとは関連のない人物であり、BEASTメンバーの契約内容、収益配分やチャン・ヒョンスン君のイベント欠席理由についても正確には知ることができない一介のファンに過ぎません。

しかし被告発人はCUBEエンターテイメントの重要スタッフと親交があると虚偽掲載し、契約内容や収益配分などファンが敏感になる部分についても個人的私見をまるで事実であるように断言するなど、チャン・ヒョンスン君を誹謗するために手段と方法を選ばない悪性個人ファンです。


チャン・ヒョンスン君が所属していたBEASTは一年中のほとんどの公演を海外で行っているグループであるため、多くの海外ファンがその誰よりも舞台と舞台での態度についてしっかり分かっています。

またBEASTメンバーと関係者から「練習生よりももっと熱心に練習するデビュー歌手」だと、その誠実な態度を賞賛されてきたチャン・ヒョンスン君です。

しかし、この悪質ネチズンの悪意的で組織的な悪行の結果により、新聞報道やSNSを通じて接したファンと一般人たちの中にチャン・ヒョンスン君について悪いイメージで考える方が少なくありません。

チャン・ヒョンスン君は現在まで悪意的だったり事実とは違うこのような行為について、これまでひとつひとつ対応しませんでした。ある程度、芸能人として受け入れねばならない部分だと考えていたようです。

しかし、この悪質ネチズンがチャン・ヒョンスン君の脱退以降にもチャン・ヒョンスン君を皮肉るなど、人格的冒涜を止めず、最近ではチャン・ヒョンスン君の家族まで非難するなど悪質的な行動を止めずにいます。

これにより、長い間この悪質ネチズンの悪意的な行動を注視してきたチャン・ヒョンスン君のファンの集まりでは家族まで批判する行為まで厭わないこの悪質ネチズンに最終告発することとしました。

チャン・ヒョンスンファンの集まりの悪質ネチズン告発趣旨。チャン・ヒョンスン君のファンの集まりではこのような悪質ネチズンを法で告発することにより、彼女のよじれたファン心を正しくし、これ以上チャン・ヒョンスン君とチャン・ヒョンスン君の家族がこれにより被害を負わないことを願っています。

さらには、歪んだ英雄心理に陶酔し、純粋で若い学生ファンたちの心までも動かし、一芸能人を共同の敵として誹謗しセクハラまでも厭わない不法的な行動に警鐘を鳴らそうと思います。

ファンダム文化には寄付とボランティア活動を通じた好循環的で肯定的な活動を通じて、応援する芸能人に良い影響を与え模範となる文化が多く存在します。実際にチャン・ヒョンスン君が所属していたBEASTの多くのファンたちは井戸寄贈、寄付活動、ボランティア活動など好循環的で肯定的な活動をしてきました。

多くのファンが肯定的なファン文化を創ることに愛情を注いでいる中で、被告発人はBEASTの一メンバーに対する愛情表現を、別のメンバーを攻撃して満足感を感じる子供じみており成熟できない行動を見せています。

この悪質ネチズンはチャン・ヒョンスン君のプライベートまで追跡して公開し、「アルゲ(ツイッターの個人アイコンが卵マークの人々)」と呼ばれるフォロワー集団まで動員し、メディアまでも自分の手の中にあると豪語する大胆さまで見せてきました。

今回の悪質ネチズン告発は一個人に対する処罰や報復ではない点を確実に明かそうと思います。子供じみた一部悪性ファンの利己的な行動に振り回されない、健康で健全なファンダム文化を創っていき、その中から作られる文化を享受しながら、昨日よりも今日が、今日よりも明日が期待される成熟したファンダム文化が作られることを願う気持ちです。

最後に、7年という長い時間を共にし、これまでの時間を背に各自が追求するビジョンに合わせて、自分の道を歩むことを決定したチャン・ヒョンスン君とBEASTの5人のメンバーが成熟したファンとファンたちが自発的に作り出す成熟した文化の中で彼らが追求する音楽活動を行うことを願います。

最後に長い文を読んでくださりありがとうございます。どうか私たちのこんな願いがひょっとしてチャン・ヒョンスン君を誤解しているかもしれないファンと一般人の方々がいるのであれば、誤解なく偏見なくチャン・ヒョンスン君を温かい視線で見つめてくだされば嬉しいです。

ありがとうございます。
  • スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2016-05-27 10:01:04