「ディアマイフレンズ」コ・ヒョンジョンとチョ・インソンが分かれた理由

「ディア・マイ・フレンズ」5話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『ディア・マイ・フレンズ』のコ・ヒョンジョンの胸の痛む愛がお茶の間を切なくさせた。

去る27日に放送されたtvN金土ドラマ『ディア・マイ・フレンズ』(脚本ノ・ヒギョン / 演出ホン・ジョンチャン)5話では、パク・ワン(コ・ヒョンジョン扮)とソ・ヨナ(チョ・インソン扮)が悲しい別れを迎えた理由が明らかになった。

プロポーズを控えて交通事故に遭ったソ・ヨナと恋人の事故を目の前で見たパク・ワン。2人は最も幸せになるはずだった日を最も悲しい日として記憶することになった。

事故の後、ソ・ヨナは足を使うことのできない障害者になり、パク・ワンはナレーションを介して事故の後、ソ・ヨナを振り返ることもなく冷たく捨てたことを告白した。自らを非情な女だと認めながらも、寂しさでいっぱいのパク・ワンの表情は、見る人を切なくさせた。

しかし、パク・ワンの悲しみは、ついに爆発してしまった。ソ・ヨナが3年前の事故の話を持ち出し、パク・ワンに恋人ではなく友人としての線を引いた。過去のプロポーズの場所であり、悲しい事故が起きた場所に行ったソ・ヨナは、ここで永遠の友情を願ったとパク・ワンへメッセージを残した。パク・ワンは、愛しているものの、決してソ・ヨナをつかまえることのできない気持ちから涙を流した。

一方、ひき逃げ犯になるところだったチョ・ヒジャ(キム・ヘジャ扮)とムン・ジョンア(ナ・ムニ扮)のエピソードはハプニングで終わった。人ではなく、シカを引いたことに2人は安堵のため息をついた。会うたびに争っていたチャン・ナンヒ(コ・ドゥシム扮)とイ・ヨンウォン(パク・ウォンスク扮)の話は、長い間、隠していたがん闘病の事実を打ち明けるイ・ヨンウォンの本心と一緒に、熱い感動を伝えた。

また、チョ・ヒイジャとイ・ソンジェ(チュ・ヒョン扮)、オ・チュンナム(ユン・ヨジョン扮)の黄昏三角ロマンスは、お茶の間を笑顔にした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-05-28 12:03:29