「タンタラ」13話 ユンソ、カン・ミンヒョクの許しに泣き叫ぶ

「タンタラ」13話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『タンタラ』のユンソが鳥肌の立つ嗚咽演技を見せた。

1日に放送されたSBS水木ドラマ『タンタラ』ではイ・ジヨン(ユンソ扮)がチョ・ハヌル(カン・ミンヒョク扮)の許しに泣き叫ぶ姿が描かれた。

この日、チョ・ハヌルのファンに卵の洗礼を受けながらも努めて淡々と振舞っていたイ・ジヨンは「処罰を望まない」というチョ・ハヌルの発言に、むしろ悲惨さを感じて、自分が直面している現実を否定するかのように怒りを表出した。チョ・ハヌルに対する申し訳なさと感謝の表現ではなく、最後まで悪女の本性を見せた。

夢を叶えるためにチョ・ハヌルを危機に陥れ、悪女イ・ジヨンを演じたユンソは、毒気たっぷりの目つきで泣き叫ぶ姿を見せ、ジヨンの複雑な心情を繊細に表現した。

一方、ユンソは、2012年SBS『家族の誕生』でデビューしてMBN『天国の涙』tvN『応答せよ1994』などに出演して注目を集めている。
  • MBNオンラインイシューチーム | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-06-02 11:47:05