「魔女宝鑑」クァク・シヤン、キム・セロンに「私ができる方法でお前を守る」

「魔女宝鑑」18話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

9日放送された総合編成チャンネルJTBC金土ドラマ『魔女宝鑑』ではヨニ(キム・セロン扮)が牢に閉じ込められる姿が描かれた。

この日ホ・ジュン(ユン・シユン扮)が先祖(イ・ジフン扮)により死んだと考えたヨニは、先祖のいる宮に姿を現して先祖を殺すと話した。これに先祖はヨニを牢に閉じ込めた。

ホ・ジュンは先祖に自分が疫病の原因を探し出す代わりにヨニを生かして欲しいと哀願したが、恐怖に慄く先祖はホ・ジュンさえも牢に入れ、ヨニを火あぶりの刑に処すことを命じた。

プンヨン(クァク・シヤン扮)はヨニのもとを訪れ「大丈夫か。お前を一人にしてはいけなかったのに」と切々とした表情を見せた。ヨニは「お兄さんのせいではありません」と答えた。

続けてプンヨンは「何も心配するな。怖がらなくていい。すぐにでもお前を連れて逃げたいが、お前が望むことはそれではないだろう。だから今この状況で、私ができる方法でお前を守る。あの者たちは決してお前に何もできないだろう。私がそうするから」とヨニを安心させた。

プンヨンは「ヨニ、兄がお前をとても好いている」と心の中で思いを伝えて見る人の胸を締め付けた。
  • シックニュース イ・ボラ記者 / 写真=JTBC放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-07-09 21:25:00