「運勢ロマンス」15話、リュ・ジュンヨル-ファン・ジョンウムの別れ「ちゃんと別れよう」

「運勢ロマンス」15話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

13日に放送されたMBC水木ドラマ『運勢ロマンス』15話で、チェ・スホ(リュ・ジュンヨル扮)が自分のそばから去ったシム・ボニ(ファン・ジョンウム扮)に別れようと言った。

シム・ボニは、自分自身を救おうとして交通事故に遭ったチェ・スホを見て、彼のそばを去った。以後、チェ・スホはシム・ボニを探し、チェ・ゴヌク(イ・スヒョク扮)を通じてシム・ボニがいるところを知った。

シム・ボラ(キム・ジミン扮)と病院で過ごしていたシム・ボニは幻覚を見ながら、「よく寝れましたか?何も言わず去って申し訳ありません。隣にいてあげられなくて申し訳ありません。私がそんな人で申し訳ありません。こんな形でも顔を見せてくれてありがとう。私の記憶の中の代表の最後の姿が怖くてぞっとしたけど、大丈夫な顔を見せてくれてありがとう」と言った。

しかし、これを見ていたチェ・スホはシム・ボニに、「引き留めに来たのじゃありません。すがりつきに来たわけでもない。僕は別れに来ました。ボニさんと別れに。そんな風になぜ突然消えるのですか。別れたいならそうだと話さなきゃ。記憶というものは最後の瞬間が最も重要だと言っていたじゃないか。覚えているでしょ?行きましょう。別れに。きちんと。最後だから」と言い、「この道が終わるまで一緒に歩きましょう」と言った。

最後まで道を歩いた後、チェ・スホはシム・ボニに「愛したらすべて去っていくと言ったでしょ?でも僕は違う。だから、君が来てよ。1年かかっても10年かかっても関係ありません。元気を出して。頑張って僕のことろにおいで。さようなら」と言った後、抱きしめて去った。

1年後、チェ・スホはテバクソフトで過ごし、シム・ボニは病院で妹と過ごしていた。シム・ボラは、服を着飾り笑っているシム・ボニに「そんなに良いの?顔に全部書いてある」と言い、「服もオッケー。顔もオッケー。すべてがオーケー。早く行って。すごく待っているだろう」と話した。チェ・スホも誰かに会いに行き、2人の再会に対する期待を高めた。
  • シックニュース イ・ボラ記者 / 写真=MBC画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-07-13 22:51:00