トップ > エンタメ > TV・映画 > 「ドクターズ」10話、パク・シネがキム・レウォンに「愛ではない…迷惑だ」

「ドクターズ」10話、パク・シネがキム・レウォンに「愛ではない…迷惑だ」

「ドクターズ」10話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「ドクターズ」10話、パク・シネがキム・レウォンに「愛ではない…迷惑だ」
『ドクターズ』でパク・シネがキム・レウォンに空しい心を表した。

19日午後に放送されたSBS月火ドラマ『ドクターズ』では、ホン・ジホン(キム・レウォン扮)に空しさを吐露するユ・ヘジョン(パク・シネ扮)の姿が描かれた。

この日、ホン・ジホンはユ・ヘジョンの祖母の死亡について調べるために、担当の主治医に会った。主治医は、ホン・ジホンとの出会いに喜んでいたが、ユ・ヘジョンの祖母について言及するホン・ジホンに「急に疲れが出てきた」と言い、状況を免れようとした。

以降、担当主治医はユ・ヘジョンに「ホン・ジホンを知っているか」と言い、「ホン・ジホンを知らないと言っていたのに、なぜ彼を出してくるのか」と不快感を表わした。ホン・ジホンが自分のために担当主治医に会ったことを知ったユ・ヘジョンは、ホン・ジホンを訪ねて、「私の宿題は私がすると言わなかった?」と怒った。

続いて彼女は、「なぜ私に言わなかったの?」と訊ね、ホン・ジホンは「一緒にすればいいことじゃないのか。心配させたくなかった」と答えた。ユ・ヘジョンはこれに「先生も先生の心配を分けないじゃないか。それは愛ではない。迷惑だ。迷惑の恋はしない」と吐き捨て、その場を去り「良い人と良い男性、女性は違う」という独白が続いた。
  • MBNスター キム・ジンソン記者 / 写真=SBS放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-07-19 23:20:23