トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「ウォンテッド」11話キム・アジュンが夫の死の背景を知る

「ウォンテッド」11話キム・アジュンが夫の死の背景を知る

「ウォンテッド」11話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「ウォンテッド」11話キム・アジュンが夫の死の背景を知る
『ウォンテッド』キム・アジュンが夫の死の背景人物について知った。

27日放送されたSBS水木ドラマ『ウォンテッド』では生放送中にチャ・スンイン(チ・ヒョヌ扮)とチョン・ヘイン(キム・アジュン扮)により連れ去られたイ・ジウン(シム・ウヌ扮)の姿が描かれた。

この日放送が始まる前、スンインと接触したヘインはハ・ドンミン(ソン・ジョンハク扮)が自殺したという話を聞いた。

ヘインとスンインはハ・ドンミンとイ・ジウンの母親の死の背景に何者かの口封じがあるものと推論すると同時に、7年前の事件との関係性を探さねばならない状況。スンインはハンソルの父キム・ウジン(チョン・ウク扮)教授がSGグループの研究を担当していたことを発見、今後の展開への関心を高めた。
  • スタートゥデイ イシューチーム / 写真=SBS放送画面キャプチャー
  • 入力 2016-07-27 23:36:14