「ウォンテッド」パク・ヒョジュ、死の危機にも放送復帰したチョン・ヒョソンを心配

「ウォンテッド」11話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『ウォンテッド』パク・ヒョジュはチョン・ヒョソンに向かう切ない感情を見せた。

27日放送されたSBS水木ドラマ『ウォンテッド』ではヨン・ウシン(パク・ヒョジュ扮)が完全に体が治っていない状態で放送に復帰しようとするパク・ボヨン(チョン・ヒョソン扮)を心配する姿が電波に乗った。

ヨン・ウシンはパク・ボヨンの今後と安全を心配し、放送復帰を引き留めたが、彼女の強い意志にそれ以上止めることはできなかった。続けてヨン・ウシンは「最後まで放送の責任を取りたい」というパク・ボヨンの言葉に複雑な感情を見せ、彼女に向かう心配を払うことができなかった。

これまでヨン・ウシンはつらい状況でもパク・ボヨンとチョン・ヘイン(キム・アジュン扮)に慰めとアドバイスを惜しまず、彼女たちをそっと気遣う姿を見せてきた。

一方『ウォンテッド』は国内最高女優が誘拐された息子を取り戻すため、生放送リアル番組にて犯人の要求のままにミッションを遂行する姿を描くドラマだ。
  • MBNオンラインイシューチーム /写真=SBS放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-07-28 09:57:13