オン・ジュワン、人間の大切さを知る俳優


オン・ジュワンは『美女コン・シム』の完璧な純情男ソク・ジュンスを現実に移したような俳優だった。優しくも前向きであり、笑顔が溢れる。人を重視し、現場を重視する。俳優である以前に人間臭さを滲み出す人間だった。

オン・ジュワンは最近終了したSBS週末ドラマ『美女コン・シム』にて性格も、外見もどれも抜けたものがない財閥2世ソク・ジュンス役を演じた。当初期待作ではなかった『美女コン・シム』はしっかりと視聴率上昇を重ねて、最終回15%を突破して好評の中で終了した。

オン・ジュワンは『美女コン・シム』のヒットを予想できなかった。彼は「作品を選ぶときにヒットの有無よりも作品性をまず最初に見ます。そして少しでも縁のある方々と共に作業したい。以前に暗い役割をし、明るいキャラクターを演じたかったのですが、ミュージカルをした際にペク・スチャンPDが直接訪れて出演オファーをしました。また(一緒に出演した)ナムグン・ミンという俳優を個人的に本当に好きです。そんな縁が作品選びをする際に少し気持ちを傾けるんです」と答えた。

ソク・ジュンスはすべてを持っているが、誰よりも善良で明るい性格の持ち主だ。とても優しいため、返って疑わしさまであった。このためソク・ジュンスが反転を持つキャラクターであるという予想がされたが、最後までソク・ジュンスは予想を裏切らず優しい人物として残った。

オン・ジュワンもまたソク・ジュンスの黒化(?)を予想していたと言う。彼は「台本が最後まで出ておらず、『結局はジュンスが変わるんだな』と考えました。けれど後に出てきた台本を読んだらジュンスがアン・ダンテ(ナムグン・ミン扮)を裏切ろうとしたことはフェイクでした。作家がジュンスに愛情が多くあったようです」とし「正直、序盤にとても良い人物として演技したのですが、突然変わってしまえば幼稚になると思いませんか。ジュンスが変わらなかったことを知り嬉しかったです」と話した。

映画『ザ・ファイブ』にて残酷な連続殺人魔に、SBSドラマ『村-アチアラの秘密』ではミステリーな財閥男として深い印象を残したオン・ジュワンは、今回のドラマでは力を抜いてプレッシャーなく演技をした。彼は「暗い演技よりも明るい演技が楽です。暗い演技をすれば、目に力を入れて睨み付けないといけませんが、本当に疲れるんです。けれどジュンスのような場合はただ笑っていればよかった」とし「私が演じた役の中でジュンスが一番優しい役割だったと思います。一番たくさん笑った作品でもあります私から見ることができなかった部分があり、『オン・ジュワンがあんな風に笑うんだな』と考えた方もいたと思います」と説明した。

ジュンスと似た部分があるかという質問に彼は「まずよく笑います」と答えた。彼はまた「他人に被害を加えることが本当に嫌で、すべての人々と円満に過ごすことを好みます。富にも関心がありません」と付け加えて笑いを誘った。

実際、オン・ジュワンと共に作業した制作陣や俳優たちは口を揃えて彼の気さくさと性格を賞賛した。『美女コン・シム』に共に出演したGirl’s Dayのミナもやはりオン・ジュワンを撮影現場の雰囲気メーカーとして選んだ。

オン・ジュワンはこれについて「私は現場の雰囲気が楽しいことを重要に考えます。私がたるんだら周囲もたるむじゃないですか。スタッフの方々は俳優よりも体力的に苦労します。けれど俳優が画面に少しでも丁寧に映るためにはその方々が疲れてはいけないじゃないですか。私によって、その方々が多く笑い、少しでも良い作業になるのであれば私もまたしっかり出ることができると思います」と謙遜して答えた。

彼の親和力のある性格は先輩演技者と演技する場面が多かった今回のドラマにて輝きを放った。ソンウ・ヨンニョ、キョン・ミリ、チョン・ヘソンなどと家のセットにて撮影するときには、ほとんどお茶会のような雰囲気だったという。彼は「目上の方々とうまく過ごすタイプ」だとし「先生方と楽しかったエピソードがたくさんあります。スタッフが実の孫のようだと話すほどに気遣ってくださいました。キョン・ミリ先生のことはヌナと呼び、ソンウ・ヨンニョ先生は退勤されるときに頬にキスをしてくださいました。チョン・ヘソン先生とは二度も祖母と孫として出演したのですが、マッサージもして差し上げ、親しく過ごしました」と説明した。

『美女コン・シム』を通じて初のドラマ主演を果たしたミナについての賞賛も惜しまなかった。オン・ジュワンは「『美女コン・シム』が序盤に視聴率を掴むことができたことはミナとカツラのお陰」だとし「ミナが可愛いふりをせずに演技したので、視聴者も俳優としてのパン・ミナに対する偏見をたくさん破って見てくれたのではないかと思います。『新人だから』という言葉を付けなくても良いほどに上手かった」と話した。

初めて呼吸を合わせたナムグン・ミンについては「徹底した人」だと明かした。彼は「ナムグン・ミン兄さんの場合、台本について真剣で現場の雰囲気よりも演技を重視します。私は現場が楽であってこそ演技が楽にできるというスタイルですが、二人のスタイルが混ざったので呼吸もしっかり合ったようです」と伝えた。

ハッピーエンドを迎えたコン・シム(ミナ扮)とダンテとは違い、ジュンスは最終回にてコン・ミ(ソ・ヒョリム扮)との新しい愛を暗示させたのみ、しっかりとしたロマンスを見せることはできなかった。心残りがあるように思うが、オン・ジュワンは「ダンテに嫉妬したことはありません。ジュンスが格好良く見えた場面がもっと多かったと思います。片思いする人間を命を懸けて助けたりもしたじゃないですか。十分に満足しています」と明かした。

オン・ジュワンはロマンスよりも明るく肯定的な演技で愛されたいと明かした。『美女コン・シム』ジュンスの延長戦として、次期作でも明るく笑いに溢れた姿を見せたいと言う。

「明るい人物をもう一度演技してみたいですね。悪役もたくさん演じ、ジュンスというキャラクターで愛されたため、もう少し愛されたい俳優の欲心です。次期作は舞台になるかもしれませんし、映画になるかもしれません。まだ決まったことがあるわけではないんです(笑)」
  • シックニュース キム・ジヨン記者 / 写真=クォン・グァンイル記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-07-31 15:12:00