「最後から二番目の恋」チ・ジニ-キム・ヒエのロマンスに自己最高視聴率更新

「最後から二番目の恋」3話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。
『最後から二番目の恋』がキム・ヒエとチ・ジニのロマンスと共に巡航中だ。

8日午前、視聴率調査会社ニールセンコリアによると前日7日に放送されたSBS週末ドラマ『最後から二番目の恋』は9.9%の視聴率を記録した。これは前回放送よりも0.6%ポイント上昇した数値であり自己最高成績だ。

この日の放送は出勤していたサンシク(チ・ジニ扮)が花束を持って登場し告白するソンイ(コ・ボギョル扮)により驚くことから始まった。これを見かけたミンジュ(キム・ヒエ扮)はこの状況を誤解して「家を出て行け」とサンシクに怒った。彼女はドラマの字幕にウェブトゥーン(ウェブ漫画)盗作に対して謝罪する字幕を送った後、ドラマ本部から叱咤されるも堂々とした部分を失わなかった。

サンシクは酒に酔ったミンジュを助けたところ、痴漢と誤解され気分を悪くしたが、ジュヌ(クァク・シヤン扮)が彼女と一緒にいる姿に接し、奇妙な感情を抱いたりもした。しかし娘イェジ(イ・スミン扮)が英語コンテストの代わりにアイドルグループのコンサートに行ったことを知った彼は会場に向かった。そして偶然にもミンジュと出会い、さらには抱擁までしてしまうと瞬間最高視聴率14.51%まで上昇した。

SBSドラマ関係者は「『最後から二番目の恋』3話はミンジュがサンシク、そしてジュヌと同じ家に暮らすことになりながら本格的な三角ロマンスが開始され、視聴率上昇を導いた」とし「果たして互いに違う性格の三人が周辺の人物たちとともにどんな興味深いエピソードを繰り広げていくか、見守って欲しい」と伝えた。
  • MBNスター ユ・ジフン記者 / 写真=SBS | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-08-08 10:53:55