マ・ドンソク「38師機動隊」共演ソ・イングクは「弟、俳優として満点」


OCN『38師機動隊』出演俳優たちがドラマの中の名場面として「公園喧嘩シーン」を挙げた。

12日、OCNではOCN最高視聴率を記録して終了した『38師機動隊』を愛した視聴者のための裏話が公開される。マ・ドンソクとソ・イングクは最近、撮影にて町内のおじさんたちの泥だらけの喧嘩を連想させる場面が一番記憶に残っていると明かした。

マ・ドンソクは「町内のおじさん同士で喧嘩する雰囲気で作ろうとした。ズボンが破れた場面も、中間でズボンを着替えながらやったのだが、撮影した後に下着の中まで砂が入った状態で何時間も撮影した記憶がある」とし「映画『釜山行き』で見せた、ゾンビたちと戦うアクションと同じくらいに苦労した場面なので、とても愛着がある」と伝えた。

続けてソ・イングクは「監督、マ・ドンソク兄さんと一緒に本当にリアルな喧嘩を作りながら、とても楽しく撮影した」と付け加えた。

この他にもこの日の放送では、マ・ドンソクがドラマの中でソ・イングクのキャラクターであるヤン・ジョンドを描いたレベルの高いイラストが公開された。これにマ・ドンソクは共演したソ・イングクについて「弟として、俳優として満点」だと賞賛を惜しまなかった。

『38師機動隊スペシャル』放送では本編には含まれなかった未公開映像とNGシーン、俳優のメッセージ映像が放送される。
  • スタートゥデイ ハン・イング記者
  • 入力 2016-08-12 14:43:45