トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「歩歩驚心」イ・ジュンギ x IU x カン・ハヌル異色高麗三角ロマンス

「歩歩驚心」イ・ジュンギ x IU x カン・ハヌル異色高麗三角ロマンス

「月の恋人-歩歩驚心:麗」 

  • 「歩歩驚心」イ・ジュンギ x IU x カン・ハヌル異色高麗三角ロマンス
『月の恋人』のIUがイ・ジュンギ-カン・ハヌルにそれぞれ強烈な印象を残すことになる「異色三角ロマンス」が公開された。

29日初回放送されるSBS新月火ドラマ『月の恋人-歩歩驚心:麗』(日本題『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち』:以下、『月の恋人』)側は、放送を5日後に控えた24日、4皇子ワン・ソ(イ・ジュンギ扮)、ヘス(IU扮)、8皇子ワン・ウク(カン・ハヌル扮)の異色ロマンスを収めたスチールを公開した。

まずワン・ソ-ヘス-ワン・ウクの三人の出会いはいつでも平凡ではない。公開されたスチールのようにワン・ソはヘスに出会うたびに鋭い眼差しを送っているが、ワン・ウクは突然変わったヘスの行動に失笑をこぼす。

中でもワン・ソとヘスの出会いには公開されたスチールのように常に火花が飛び散るという説明だ。ワン・ソはヘスに殺意を感じさせる眼差しを送っていたり、皇子たちに囲まれていても堂々と自分がしたいことをするヘスを阻止しながら再び火花を散らせる視線を送る。まるでライバルのような二人の姿にスチールを見るだけでも関心が高まる。

一方ワン・ウクは事故後に完全に違う人物となったようなヘスを不思議に感じながらも、ヘスの度重なる無茶な行動に笑いを堪えられないようになる、というのが制作陣の説明だ。ヘスは無茶な行動と失敗が見つかってぎこちなくなり、そんなヘスを見るワン・ウクの好奇心に満ちた視線に注目が集まる。

制作陣によると21世紀の平凡な考え方を持つヘスは、身分制度を抜かせば現在の韓国と類似していた高麗にて少しだけ特別な人物として通じることとなる。女性たちは当時男性たちと家庭の中でほぼ同等の位相を持っており、離婚や再婚などが許されるほどであった。

そんな高麗女性の中でもヘスは特別な行動と言葉で視線を集めることとなり、多くの皇子の中でもワン・ソ、ワン・ウクと異色ロマンスを繰り広げることになる。

『月の恋人』側は、「ヘスは強い高麗女性の中で少しだけ特別な子と思われワン・ソ、ワン・ウクと縁を築くことになる」としながらも「ワン・ソとワン・ウクは皇子である自分たちに言いたいことをすべて言いながらも、自分たちの傷を包み込んでくれるヘスの独特な行動に徐々に関心を持つことになる。今後繰り広げられる3人の予測不可能宮中ロマンスを期待して欲しい」と願った。

『月の恋人』は、高麗太祖以降、皇権競争の真ん中に立つ皇子と皆既日食の日に高麗の少女ヘスの中に入った現代女性コ・ハジンが書き出す、愛と友情、信義の宮廷トレンディロマンスだ。来る29日夜10時から1話と2話が連続放送される。
  • スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2016-08-24 08:57:38