チョン・ドヨン「グッド・ワイフ」最後の撮影で涙…「名残惜しい」


俳優のチョン・ドヨンがtvN『グッド・ワイフ』の最後の撮影を終えた後の感想を伝えた。

tvN金土ドラマ『グッド・ワイフ』は25日未明に最後の撮影を終え、4カ月余りの大長征を終えた。

去る5月から撮影を開始した『グッド・ワイフ』は、放送開始とともにドラマを圧倒するチョン・ドヨンの存在感とユ・ジテ、ユン・ゲサン、キム・ソヒョン、ナナなど、主助演俳優たちの好演と細やかな演出まで交わって、毎週映画のようなドラマだと好評を受けて視聴者に熱い愛と関心を受けた。

久しぶりにドラマに復帰したチョン・ドヨンは、15年ぶりに弁護士として復帰したキム・ヘギョンというキャラクターを介して家庭を守りながらも徐々に成長していく姿を描いていった。多くの視聴者は、チョン・ドヨンの今回のドラマ復帰に歓喜し、毎回チョン・ドヨンだからこそ可能な演技を披露して視聴者をひきつけた。また、毎回放送で披露するファッションは、多くの話題を呼んだ。

特にチョン・ドヨンは、最後のエンディングシーンの撮影を控えて、終わることへの安堵と寂しさからハーサル中に涙を流した。最後のエンディングの撮影まで終えた後、「今はとにかくせいせいしつつも、とても名残惜しい」という感想と一緒にこらえていた涙をこんこんと流した。

続いて「大変だとばかり考えていたのに、そのような苦しさの中で、お互いを本当に支え合った。法律事務所の現場も法廷も、たくさん恋しくなる気がするし、寂しいし会いたいと思うだろう。『グッド・ワイフ』でキム・ヘギョンとして最後までしっかりと終えることができたのは、仲間たちとスタッフたちのおかげだった。とても感謝している。今週、最後の放送だが、どのような結末を迎えるのか、最後まで視聴していただきたい」と所感を伝えた。

tvN『グッド・ワイフ』は、今週の金土の夜8時30分に最後の15話と16話の放送を控えている。
  • スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2016-08-26 09:07:19