トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > イ・ジュンギ x IU x カン・ハヌル「歩歩驚心」4つの視聴ポイント

イ・ジュンギ x IU x カン・ハヌル「歩歩驚心」4つの視聴ポイント


  • イ・ジュンギ x IU x カン・ハヌル「歩歩驚心」4つの視聴ポイント
『月の恋人』が今日(29日)ついに初放送される。

SBS新月火ドラマ『月の恋人-歩歩驚心:麗』(日本題『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち』:以下、『月の恋人』)は高麗の少女に憑依した21世紀女性と、冷たい仮面の下に熱い心臓を持つ皇子の運命的なロマンスを描くドラマだ。韓流スターイ・ジュンギ-IUの出演と、秀でた映像美を誇るキム・ギュテ監督が演出を担った。

先立って記者試写会を通じて新しい試みのドラマという評価を受けた『月の恋人』はイ・ジュンギ-IU(イ・ジウン)-カン・ハヌル-ホン・ジョンヒョン-ナム・ジュヒョク-ベクヒョン-ジス-ユン・ソヌなどの俳優の幻想的なキャラクタープレイが繰り広げられ、視聴者を共に高麗時代にタイムスリップさせるキム・ギュテ監督のマジックが繰り広げられる。幻想的な経験を見せる『月の恋人』の視聴ポイント4つを公開する。

▶ 21世紀少女が高麗に…新しいドラマ

『月の恋人』は21世紀に暮らす女性がタイムスリップする魔法のような物語を始めとして、視聴者に新しい経験をあちこちで披露する。高麗女性ヘス(IU扮)の魂に入り込んだ21世紀女性は身分制度を抜かせば現在の韓国とよく似ている高麗にて孤軍奮闘し、適応しはじめる。『月の恋人』の新鮮さと面白さはこの時点から始まる。

高麗女性よりも少しだけ独特なヘスに注目する高麗皇子たち、そして彼らの友情と愛、信義の物語は幅広いスペクトルの物語構造の中で数多くの見所を抱かせて視聴者を楽しませる予定だ。

現代人を通じて少しずつ変化していく高麗皇子たちの姿は、あつこちで笑いのポイントとして作用する予定。中でも話すことができない秘密を抱いた現代女性が高麗という巨大な舞台の宮中暗闘の中心に立つこととなり、誰もが一度は夢見た時空を超えるロマンスがより切なくも美しい物語として再誕生し、視聴者を魅了するものと見られる。

▶ 多様な人間群像と魅力満点の花皇子たち

『月の恋人』は幻想的なキャラクタープレイドラマだ。高麗皇室を中心にしたことで、政治的に多様な人間群像と魅力満点の花皇子たちの登場、それだけでも視聴者の目を楽しませ、面白さを抱かせるだろう。

『月の恋人』には皇権を強化するために婚姻政策により34人の子供を持つ高麗太祖ワン・ゴン(チョ・ミンギ扮)をはじめとして、子供を通じて自身の欲望を満たそうとする皇后ユ氏(パク・ジヨン扮)、後ろでひそかに操る隠遁のの首謀者王后ファンボ氏(チョン・ギョンスン扮)、天機を読むチェ・ジモン(キム・ソンギュン扮)が登場する。

また冷たい仮面のしたに自身を隠したまま生きる4皇子ワン・ソ(イ・ジュンギ扮)をはじめとして恩愛するすべてのものを守るために自ら輝かねばならなかった8皇子ワン・ウク(カン・ハヌル扮)、そして皇帝の座を望み後先省みない3皇子ワン・ヨ(ホン・ジョンヒョン扮)など必要不可欠な皇権争いに立つことになる8人の王子たちまで。『月の恋人』は魅力的なキャラクターの饗宴が華やかに繰り広げられる。

▶ イ・ジュンギ-IU-カン・ハヌル-ホン・ジョンヒョン、人生キャラクターに出会う

『月の恋人』への出演だけでも「史劇の皇帝」のタイトルを手にしたイ・ジュンギは「犬狼」、高麗ツンデレ直進男の魅力ですでに視聴者を魅了することを予告した。キム・ギュテ監督のペルソナとなったイ・ジュンギは人生キャラクターに名に恥じない演技力を加えてすべての記録を更新する体勢。特に20話をリードしていく主人公としてロマンス、アクション、感情演技まですべてのことをイ・ジュンギだけの魅力で完璧に消化し、「俳優イ・ジュンギ」の真価を確実に見せてくれる予定だ。

カン・ハヌルは眼差しだけですべてを演じる。映画『ドンジュ』を通じて時代的な苦しみの中で深い内面演技を見せた彼は、家庭の期待の中で順応して生きてきた文武を兼ね備えた人材ワン・ウクとして新たに女心を狙い打つ予定。生まれて初めて手にしたい愛という感情に出会った後に変化していくキャラクターで、カン・ハヌルは自分だけのワン・ウクを作り出し、関係者の間では「眼差し」がすべてを語ったという評を受けるほど。彼が見せるワン・ウクが気体を集める理由だ。

初めて悪役を演じるホン・ジョンヒョンもまた視聴者の視線を奪うことを予告した。外見はもちろん、演技まで鋭くなったホン・ジョンヒョンの大変身もまた注目すべき部分だ。またナム・ジュヒョク-ベクヒョン-ジス-ユン・ソヌにいたるまで韓国に浮上する「俳優有望株」たちが一堂に会した『月の恋人』はキャラクターと同じくらいに俳優たちの多様な魅力と演技力が輝きを発し、視聴者を楽しませる予定だ。

特に現代女性の魂が入り込んだ高麗時代の少女ヘスに扮するIUの成長も注目すべき点だ。IUはドタバタ高麗適応記をはじめとして、20話という長い旅程の中でおてんば少女が成熟した女性となる姿を描き出して「女優」としての歩みを予告した。高麗時代にて一人現代人の考えを持つ彼女が見せる苦悩、ロマンス、成長はIUという女優の名前を視聴者にしっかりと印象付けるものと見られる。

▶ 高麗に共にタイムスリップ…キム・ギュテマジックの始まり

これまで多様な作品を通じて自分だけの演出世界をしっかりと見せてきたキム・ギュテ監督は、今回の作品を通じてトラディショナルドラマの新しい窓を開く。作品の性向と彼の感性が加わった『月の恋人』は高麗という伝統的な背景に、トレンディな感性が加わって視聴者を高麗にタイムスリップさせる魔法を披露する。

何よりも事前制作という強みをしっかり生かして、新しい試みに挑戦したキム・ギュテ監督は、人物たちの内面と感情を表現する人物フォーカスをあちこちで試み、各キャラクターの魅力と彼らのロマンスに近くまで歩み寄ることができるように助ける。ここに全国あちこちを巡って美しい背景を盛り込むことに努力した点、華やかな皇室を筆頭とした高麗時代の再解釈、宮中暗闘により巻き起こる緊張感あふれるアクションまで、彼だけの繊細で美しい演出力が輝きを見せる予定だ。

『月の恋人』側は「今夜1~2話が連続放送される。多くの俳優とスタッフが新しい試みと最高の努力を通じて視聴者の方々に良いドラマをお見せするために、大粒の汗を流した」とし「20話の中で多くの物語が繰り広げられるだけに、作品の流れに身を任せて楽しんで欲しい」と期待を願った。
  • スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2016-08-29 08:20:26