トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「空港に行く道」キム・ハヌル-イ・サンユン、引き寄せられていく危険な感情

「空港に行く道」キム・ハヌル-イ・サンユン、引き寄せられていく危険な感情

「空港に行く道」3話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「空港に行く道」キム・ハヌル-イ・サンユン、引き寄せられていく危険な感情
『空港に行く道』キム・ハヌルとイ・サンユンが、それぞれの感情を少しずつ積み重ねて作品のレベルを引き上げている。

28日放送されたKBS2『空港に行く道』では運命のように互いに引かれ始めるチェ・スア(キム・ハヌル扮)とソ・ドウ(イ・サンユン扮)の姿が繊細に描かれた。

チェ・スアが仕事で空を飛ぶ間、夫パク・ジンソク(シン・ソンロク扮)はチェ・スアと娘の荷物を自分の実家に送ってしまう。いつもマニュアル通りに動くパク・ジンソクにより突然夫の家での生活を始めることになったチェ・スアの気持ちはもどかしかった。この際、ソ・ドウから連絡が来た。ソ・ドウは死んだ娘エニ(パク・ソヨン扮)の遺品を持ってきてくれたチェ・スアのために、自身の母親が準備したプレゼントを持ってチェ・スアのもとを訪れた。

チェ・スアは得体の知れない不安から首をすくめたり、義母の視線を気にしてソ・ドウのプレゼントを次回受け取るとした。そんなチェ・スアの気持ちに気づいたソ・ドウは「もどかしければ一周してもいいですよ」と提案した。しかしチェ・スアは足を止めた。結局ソ・ドウの車は出発し、ようやくチェ・スアは一人で走って独り言を呟いた。

しかしチェ・スアの状況は陰鬱の連続だった。結局チェ・スアは自分も気づかぬうちに、強く引かれることを感じてソ・ドウの作業室に向かった。チェ・スアは「どこかの慣れない都市で3、40分ほど歩いていたら、どこからか吹いた風に複雑な考えがすっと消えて『人生がどうというんだ、少しだけこうして良ければいいんだ』そうやってもう一度力が出る、その3、40分のようだ。ドウさんを見ていると」と打ち明けた。チェ・スアの言葉にソ・ドウは「人生で最高のほめ言葉です」と温かく迎え入れた。

その際ソ・ドウの妻キム・ヘウォン(チャン・ヒジン扮)が姿を見せた。ソ・ドウはチェ・スアの両手を掴み、妻が来たので下に行っているようにと話した。作品の中でチェ・スアとソ・ドウ二人に言いようのない感情が津波のように押し寄せた瞬間だった。そしてテレビの前の視聴者には緊張感と切なさ、そしておぼろげな引き寄せる力が共存した瞬間だった。

互いに向かう気持ちが生じ始めた二人の関係がどのように変化していくのか、『空港に行く道』の今後の展開が注目される。
  • MBNオンラインイシューチーム / 写真=KBS2放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-09-29 11:52:10