トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「歩歩驚心」12話カン・ハヌル、宮を去ったIUを思い涙

「歩歩驚心」12話カン・ハヌル、宮を去ったIUを思い涙

「月の恋人-歩歩驚心:麗」12話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「歩歩驚心」12話カン・ハヌル、宮を去ったIUを思い涙
『月の恋人』カン・ハヌルがIUが宮を去った事実を知った。

3日放送されたSBS月火ドラマ『月の恋人 - 歩歩驚心:麗』(日本題「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち」、以下『月の恋人』)12話では8皇子ワン・ウク(カン・ハヌル扮)がヘ・ス(IU扮)が去った事実を知り嗚咽する姿が描かれた。

ヘ・スは皇帝の命令により茶美園から追い出された。彼女は皇子たちと挨拶を交わすこともできないまま宮を離れることになった。

ヘ・スは4皇子ワン・ソ(イ・ジュンギ扮)に自分が宮を離れるという事実を話さず、恋慕していた8皇子ワン・ウクにもこれを話すことはできなかった。

ヘ・スが宮から去った事実を遅れて知ったワン・ウクは彼女がすごしていた部屋に向かった。ワン・ウクは家門を守るために裏切らねばならかなったヘ・スを恋しがり涙した。
  • シックニュース キム・ジヨン記者 / 写真=SBS放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-10-03 22:18:00