トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「歩歩驚心」14話予告 イ・ジュンギとカン・ハヌル、ホン・ジョンヒョンが大激突

「歩歩驚心」14話予告 イ・ジュンギとカン・ハヌル、ホン・ジョンヒョンが大激突

「月の恋人 - 歩歩驚心:麗」14話 

  • 「歩歩驚心」14話予告 イ・ジュンギとカン・ハヌル、ホン・ジョンヒョンが大激突
『月の恋人 - 歩歩驚心:麗』のイ・ジュンギとカン・ハヌル、ホン・ジョンヒョンが血しぶききが舞う「皇宮大激突」を予告した。

10日に放送予定のSBS月火ドラマ『月の恋人 - 歩歩驚心:麗』(日本題「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち」)で新しい皇帝ヒェジョン(キム・サンホ扮)の即位と一緒に混乱に包まれた高麗の皇宮の様子を垣間見ることのできるスチールカットが公開された。

先立って、太祖ワン・ゴン(チョ・ミンギ扮)の死とともに新しい皇帝に即位したヘジョン治下の高麗時代の姿が描かれる中で、皇帝の座を巡って激突した第4皇子ワン・ソ(イ・ジュンギ扮)と第8皇子ワン・ウク(カン・ハヌル扮)、そして地獄から生きて帰ってきた第3皇子ワン・ヨ(ホン・ジョンヒョン扮)の姿が公開されて視線を奪っている。

第4皇子ワン・ソが先立って予告されたように、ヘジョンの忠実な弟としてそばを守るなかで、第8皇子ワン・ウクも皇宮の政界に本格的に飛び込んで、次期皇帝の道を進もうとする。14話の予告編で公開された第8皇子ワン・ウクの「もうそろそろ、私に禪位してください」という言葉のように、彼が隠れた操縦者としてヘジョンを支配して皇帝の座を脅かすというのが制作陣の説明だ。

特に高い崖から第4皇子王ワン・ソに刺されて落ちた第3皇子ワン・ヨの衝撃的な再登場は、皇宮の刃傷事件の頂点となる予定だ。

もともと皇帝の座を虎視眈々と狙ってきた第3皇子ワン・ヨはさらに卑劣で極悪非道なビジュアルで注目をひきつけ、彼が再び謀反を図り皇宮に進入しようとする姿が公開され、危機感を高めている。何よりもいっそう残酷になった彼の謀反が成功するのか、この過程でどのような衝撃的な話が繰り広げられるかに関心が集まっている。

また、第4皇子ワン・ソが怒りに包まれて必死に防御を行うなかで、黒化を越えて冷酷さまで感じられる第8皇子ワン・ウク、極悪非道に見える第3皇子ワン・ヨの姿が対照を成して、予測不可能な出来事が繰り広げられることを期待させて緊張感を高めてている。

『月の恋人 - 歩歩驚心:麗』側は「14話では、皇子間の皇権争いが再点火する衝撃的な事件がスピーディーに展開される予定だ。また、混乱の皇宮政治、人物間の離合集散などが変数として登場し、緊張感を高める予定」とし「今後、皇位に向けた皇子の欲望が噴出される過程で、第4皇子ワン・ソが本格的に皇帝の座に近づく様子、その中で咲く切ないヘ・ス(IU扮)との愛などを期待してほしい」と伝えた。
  • MBNオンライン イシューチーム | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-10-10 12:37:22