「ショッピング王ルイ」8話あらすじ ソ・イングク「信じてくれるのはナム・ジヒョンだけ」

「ショッピング王ルイ」8話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『ショッピング王ルイ』でソ・イングクとナム・ジヒョンがお互いに対する信頼を表現した。

19日に放送されたMBC水木ドラマ『ショッピング王ルイ』では、ルイ(ソ・イングク扮)がチャ・ジュンウォン(ユン・サンヒョン扮)のオフィスでアルバイトとして働くことになる姿が描かれた。

この日、仕事をしていたルイはペク・マリ(イム・セミ扮)と遭遇し、びっくりしたペク・マリはルイの前に積み上げられていた箱を倒して、逃げていった。

この事実をルイは従業員に言ったが、誰もそれを信じてくれなかった。

憂鬱になったルイはコ・ボクシルに悔しさを吐露し、「僕の言葉を信じてくれる人はボクシルしかない」と愛情を表わした。

コ・ボクシルは「人生において、自分の言葉を信じてくれる人はひとりだけいればいい」と温かく慰めてあげた。ルイは「それってボクシルのこと?」と明るく笑い、コ・ボクシルは「当たり前のことをなぜ聞くのか」と信頼を表わした。

  • スタートゥデイ イシュチーム / 写真=MBC放送画面キャプチャ
  • 入力 2016-10-19 22:41:22