「ショッピング王ルイ」11話あらすじ ソ・イングク、再び記憶喪失に「僕がルイ?」

「ショッピング王ルイ」11話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

27日に放送されたMBC水木ドラマ『ショッピング王ルイ』11話では、コ・ボクシル(ナム・ジヒョン扮)が再び記憶喪失にかかったルイ(ソ・イングク扮)と向き合う姿が描かれた。

先立って、コ・ボクシルとルイは、コ・ボクシルの弟ボクナム(リュ・ウィヒョン)がルイの代わりに事故に遭い、死亡したという事実に衝撃を受け、最終的に別れた。

ルイは、傷心を癒すために海外に戻ることを決心したが、コ・ボクシルとの思い出がつまった釜山に旅立った。ルイはそこでコ・ボクナムを発見して喜んだ。

しかし、コ・ボクナムはルイを思い出して逃げ、コ・ボクナムを追っていたルイは、頭を打って再び記憶を失った。

コ・ボクシルは道で野宿しているルイを発見し、驚いて「ルイ、どうしてこんな格好をしているの。フランスに行ったんじゃなかったの。どうしてここにいるの」と尋ねた。

するとルイは「僕がルイですか」と聞き返した。


  • シックニュース イ・ボラ記者 / 写真=MBC放送画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-10-27 22:50:00