CRUSHの初アルバム、パク・ジェボム、Simon Dなど多様なラッパーが加勢

クラッシュ・オン・ユー(Crush On You) 

ヒップホップ・R&B歌手CRUSHの初正規アルバムがチャートで良い反応を得ているなか、今回のアルバムに参与した華やかなラインナップが関心を集める。

CRUSHは5日、合計11曲が収録された初正規アルバム「クラッシュ・オン・ユー(Crush On You)」を発表した。今回のアルバムはタイトル曲「ハグ(Hug Me)」が発表当日にメロン・M-netなど各種オンライン音源サイトで上位圏にとどまっている。今回のアルバムは多様なヒップホップミュージシャンらがフィーチャリングで参与し、関心を集める。

今回のアルバムは同じ所属社であるダイナミック・デュオのゲコをはじめとし、パク・ジェボム、Simon DとZion.T、GRAY、Jinboなど多様なラッパーらが加勢して華やかな陣容を誇る。

CRUSHは今回のアルバムでヒップホップ・R&Bを基盤にスロージャム・マイアミサウンド・ニュージャックスウィングなどブラックミュージックの多様な音楽を幅広く収録した。所属社のアメーバカルチャー側は、「今回の音盤はブラックミュージックの伝統性を基盤に、全ての曲の作詞・作曲を引き受けたプロデューサーCRUSHの能力を集約させた」と説明した。
  • シックニュース_キム・ソンヒョン記者/写真提供_Amoeba Culture | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-06-05 20:46:58