「青い海の伝説」初放送まで1週間…チョン・ジヒョンの描く人魚に期待

「青い海の伝説」 

『青い海の伝説』の人魚チョン・ジヒョンが本能に忠実な飾らない姿でお茶の間を魅了することを予告している。

来る16日に初放送されるSBSの新しい水木ドラマ『青い海の伝説』は、絶滅寸前の地球上の最後の人魚が都市の天才詐欺師に会って陸地の生活に適応して起こる予測不可能な事件を介して、笑いと楽しさを抱かせるファンタジーロマンスで、過去と現在を行き来する縁の話を描いて視聴者たちに新しい経験をプレゼントすると期待を集めている。

『青い海の伝説』は、初放送まで一週間を控えた9日、ネイバーTVキャストで本能に忠実な人魚(チョン・ジヒョン扮)のティーザー映像を公開した。映像は古書『於于野談』の一節で始まるが、「人魚をお見せします」という字幕と共に弾ける魅力の人魚の姿が雰囲気を盛り上げる。

通り過ぎる船をつかんで、ソウルはどこかと堂々と尋ねる人魚。済州島からソウルまで泳ぐことは朝飯前というように笑って見せる彼女は、陸でも予測不可能な行動で笑いを誘発する。

特に人魚はパスタを手でつかんで食べる姿で視線をひきつけ、漁港の中で魚を見つけて唸ったりして、無防備の天才詐欺師ホ・ジュンジェ(イ・ミンホ扮)を当惑させる。

ジュンジェは「お前はどこのジャングルから来たんだ? オオカミ女か?」とまで言う。

しかし、最終的にジュンジェは飾らない純粋な魅力を持つ人魚に「一緒に行こう」と話して手を差し出す。人魚と天才詐欺師ジュンジェがどのような話を描いていくのか、チョン・ジヒョンが描き出す新しい人魚キャラクターはどんな姿なのか『青い海の伝説』に対する期待感が日増しに高まっている状況だ。

『青い海の伝説』側は「人魚のキャラクターを誰よりも完璧に消化するチョン・ジヒョンと、天才詐欺師キャラクターで魅力を爆発させるイ・ミンホの姿に期待してほしい」とし「今後、初放送まで一週間しか残っていない。俳優たちとすべてのスタッフが最高の姿をお見せするために難しい撮影に臨んでいるので、初放送までたくさんの関心をおくってほしい」と期待を頼んだ。

『青い海の伝説』は、『嫉妬の化身』の後続として、来る16日夜10時に初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-11-09 10:38:04