「ショッピング王ルイ」14話あらすじ お金のカバンが盗まれる…犯人はあのおばあさん

「ショッピング王ルイ」14話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『ショッピング王ルイ』のキム・ミンヒョクがキム・ギュチョルにお金のカバンを盗まれたから、またお金が欲しいと言った。

9日午後に放送されたMBC水木ドラマ『ショッピング王ルイ』では、お金のカバンを失ったク室長(キム・ミンヒョク扮)の姿が描かれた。

この日、ク室長は一人の高齢女性を助けてあげたが、その際にお金のカバンを盗まれた。その女性は実はコ・ボクシル(ナム・ジヒョン扮)がソウルに来る列車の中で会った、コ・ボクシルのカバンを盗んだ女性だった。

お金のカバンが消えたク室長は、ホン・ジェスク(ユン・ユソン扮)を訪ね、ホン・ジェスクにペク・ソング(キム・ギュチョル扮)と一緒に働いていたと言って、彼を呼び出してほしいとお願いした。

これにホン・ジェスクと一緒にいたルイ(ソ・イングク扮)がク室長と通話した記憶を思い出し、彼を不審に思った。

すぐにペク・ソングに会ったク室長は「お金のカバンを盗まれた。だから韓国を離れることができない。お金をまたくれたら消える」と話した。

そのようなク室長にペク・ソングは途方に暮れ、ク室長を隠してあげながら「お金は明日必ず送るから、その時まで隠れていろ」と話した。


  • MBNオンライン イシューチーム / 写真=MBC放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-11-09 22:30:51