「ショッピング王ルイ」16話あらすじ ユン・サンヒョン、チェ・スビンの魅力に惚れる

「ショッピング王ルイ」16話(最終回) 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『ショッピング王ルイ』のユン・サンヒョンがチェ・スビンの純粋な魅力にすっかりはまった。

10日に放送されたMBC水木ドラマ『ショッピング王ルイ』では、高麗人参の取引をしにきた、モンシル(チェ・スビン扮)に一目ぼれするチャ・ジュンウォン(ユン・サンヒョン扮)の姿が描かれた。

いきなりオフィスを訪ねてきたモンシルを見たチャ・ジュンウォンは、「何だ。このスパイのような女性は。まさか私に?」と不満げな表情を見せた。

モンシルは落ち着いて「私に時間を少しください」と話した後、人参を取り出して商品説明を始めた。このようなモンシルの姿は、過去のコ・ボクシル(ナム・ジヒョン扮)との最初の出会いを連想させた。

チャ・ジュンウォンはモンシルの姿の中から、過去のコ・ボクシルを思い出し、さらには一目惚れしてしまった。以後、チャ・ジュンウォンは「コ・ボクシルよ、さようなら」と心の中でつぶやき、恋が新たにスタートしたことを知らせた。


  • MBNオンライン イシューチーム / 写真=MBC放送画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-11-11 00:17:57