「我が家に住む男」9話 キム・ヨングァンとスエが過去に悪縁…2人の恋はどうなる

「我が家に住む男」9話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『我が家に住む男』でキム・ヨングァンの秘密が一つずつ明らかになっている。そして、キム・ヨングァンの秘密が明らかになるほどに、スエとキム・ヨングァンの甘いロマンスは危機と葛藤に包まれて、切なさを予告している。

去る21日に放送されたKBS2の月火ドラマ『我が家に住む男』で、コ・ナンギル(キム・ヨングァン扮)がホン・ナリ(スエ扮)の父親の死に絡んでいるということが明らかになり、2人の間で誤解が発生して葛藤を予告した。

ナンギルはタダ金融のペ・ビョンウ(パク・サンミョン扮)から、ナリの父親ホン・ソンギュ(ノ・ヨングク扮)が乙支路印刷所事件当時、自分を避けて屋上から飛び降りた人物であり、その事件で彼が死んだことを聞いた。

「ホン・ナリの父親は死んでいません。確認は私が直接します。もう何も信じません」と言ったナンギルだったが、苦しみながら病状が悪化して緊張感を高めた。ナンギルは薬を飲み込んだが、頭に思い浮かぶ印刷所の事件を消し去ることができなかった。ナンギルは自分を心配しているナリにすべてを打ち明けることができず、見る人を切なくさせた。

ナンギルの過去を知っているキム・ワンシク(ウ・ドファン扮)がホン饅頭店を訪れてきて、ナンギルは乱暴をふるうワンシクを一気に制圧して、部屋に連れて行った。ナンギルは「以前のようにはならない。だから、お願いだから助けてくれ」と絶叫したが、ドアの外ではナリがナンギルの切ない叫びを聞いていて、視聴者を緊張させた。

何よりも、突然のシン・ジョンナム(キム・ハギュン扮)の登場は、ナリとナンギルの間に誤解の火種を投げ入れた。ナリとナンギルの間に切ない雰囲気が作られる瞬間、ナリの母方のおじのジョンナムが家に押しかけてきて、ナンギルの胸ぐらをつかんだ。ジョンナムはみんな騙されたのだとナリとナンギルを離そうとし、ジョンナムはナンギルに婚姻無効訴訟を請求したことが明らかになり、緊張を高めた。

さらに悪いことに、ナンギルが正確な事態を把握するまでナリに隠していたかったナリの父親の死がジョンナムによって明らかになった。ジョンナムは「ナリ、お前の父親は亡くなったんだ。ずいぶんと昔に…」と明らかにしてナリは衝撃に包また。特にナリを当惑させたのは、「お前がナリに隠していることを話してあげたのだ」とナンギルを脅すジョンナムだった。ナリはナンギルが自分の父親の死を本当に隠していたのか混乱しながら、「私の父親の話だから、おじさんと私と2人でする」と激昂して緊張感をかもし出した。

ジョンナムを通じて今後、婚姻無効訴訟が繰り広げられることを知ったナリとナンギルはお互いを切ない目つきで見つめ、これらの将来に大きな変化を予感させてエキサイティングな展開を予告した。

特にナリの父親であるソンギュの生死が明らかにされておらず、視聴者たちの関心を高めた。ジョンナムは1年ほど前に賭博場でソンギュを見た気がすると言ったが、すぐに言葉を変えてソンギュの死亡確認書を見たとソンギュの死をナリに伝えた。特にソンギュの死は、ナリとナンギルの間で葛藤の火種として作用するだけに、ソンギュの死への関心が高まっている。
  • MBNオンライン イシューチーム / 写真=KBS2放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-11-22 07:35:21