ソ・イングク、アジア文化交流表彰に「新たな幸福な時間として記憶」


歌手兼俳優ソ・イングクがアジア文化交流特別表彰を受けた。

今月21日、日本の福岡にて開催された「第11回アジアドラマカンファレンス」にてソ・イングクがアジア文化交流活性化の寄与を認められて表彰された。ソ・イングクは今年OCNドラマ『38師機動隊』とMBCドラマ『ショッピング王ルイ』を通じて国内外のファンの大きな愛を受けた。

ソ・イングクが文化交流表彰を受けた「アジアドラマカンファレンス」は2006年に韓国の釜山にてはじめて開催されて以降、これまで10年間各国のドラマ制作現場を率いた作家、製作者間の交流の窓の役割を果たしてきたアジア最大規模のドラマ専門カンファレンスだ。今年で11回を迎える今回のカンファレンスには韓国、中国、日本をはじめとしたアジア8カ国の人気ドラマを作った巨匠150数人が参加。名実共にアジアを代表する文化カンファレンスの位相を誇った。

現地で直接表彰を受けたソ・イングクは「光栄」という所感を明かし、「同じ作品を作るスタッフと俳優の方々全員が家族のような雰囲気の中で撮影した幸せな瞬間が思い出される。今日の授賞式も新しい幸福の瞬間として記憶されるだろう。心から感謝します」という言葉で感激の気持ちを伝えた。

ソ・イングクと共に文化交流表彰を受けた受賞者には「ソウルドラマアワード」にてアジア女性スター賞を受賞し、韓日両国で同時に配されている女優藤井美菜、『38師機動隊』のハン・ドンファ監督が社会問題を告発する一味違う素材で韓国ドラマの多様性に寄与した功労を認められて特別表彰を受けた。
  • スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2016-11-22 09:28:53