Dal★Shabetアヨン「ソン・ジェリムの先輩役、最初はぎこちなかった」

「うちのガプスン」 

ガールズグループDal★Shabetのメンバー、アヨンが『うちのガプスン(我がガプスニ)』のリアルタイム視聴を宣伝するために、写真とメッセージを公開した。

SBSの週末ドラマ『うちのガプスン』側は、24日に新しい人物として投入されるアヨンが台本を持っている写真を公開した。

写真の中のアヨンは『うちのガプスン』の26話の台本を持って、明るい笑顔を見せている。彼女の瞳には、途中から合流することへの緊張を感じることが出来る。アヨンは25話にガプドル(ソン・ジェリム扮)の直属の先輩、キム・ヨンラン役で初登場して注目を集めた。

ガプドルよりも3年先輩のヨンランは、区長の主務官で、新入公務員のオリエンテーションと区民奉仕精神教育を実施した。ヨンランは新入の後輩ガプドルに厳しい先輩として接するが、スーツを着こなして背の高いガプドルに内心では一目ぼれした様子を見せた。特に、今回の26話から、アヨンは保健衛生課に配置されたガプドルとパートナーとして勤務しながら、ガプドルと一挙手一投足を共に過ごす仲となり、先輩後輩の相性に関心が集まっている。

『うちのガプスン』撮影に途中から合流したアヨンは「キム・ヨンランというキャラクターが正しいイメージで、年齢の幼い私がソン・ジェリム先輩に先輩として接することが最初はぎこちなく感じられたが、演技をすればするほどに親近感がわいて、面白かった。26話から出演時間が少しずつ増えるため、キム・ヨンラン役にたくさんの愛を送ってほしい」と所感を明らかにした。

『うちのガプスン』制作陣は「キム・ヨンランはこれからガプスンとガプドルの2人を緊張させる人物だ。ガプドルは職場の先輩として接するが、ヨンランは積極的ではっきりとした性格なので、ガプドルにどのように接近していくのか、期待してほしい」と伝え、ヨンランの新しい活躍に期待が高くなっている。

『うちのガプスン』は26日午後8時45分に2話が連続で放送される。
  • MBNスター クム・ビンナ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-11-24 11:39:35