「吹けよ、ミプン」28話、イム・ジヨンが心肺蘇生法でピョン・ヒボンを救った

「吹けよ、ミプン」28話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『吹けよ、ミプン』でイム・ジヨンがピョン・ヒボンを生かした。

27日に放送されたMBC週末ドラマ『吹けよ、ミプン』では、キム・ドクチョン(ピョン・ヒボン扮)が倒れる姿が描かれた。

この日、キム・ドクチョンは会社で心臓の問題で倒れ、これを発見したキム・ミプン(イム・ジヨン扮)は心肺蘇生術で彼を生かした。

以来、目を覚ましたキム・ドクチョンは、自分自身を救ってくれた人がミプンであるという事実を知ることになり、食事に招待した。

自身の命を救ってくれた人だとミプンを紹介すると、シネ(イム・スヒャン扮)は衝撃を隠せなかった。ミプンの身分を盗用したシネは戦々恐々とした。
  • MBNオンラインイシューチーム / 写真=MBC放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-11-27 22:38:31