「我が家に住む男」11話、スエ-キム・ヨングァンの生き別れの後遺症

「我が家に住む男」11話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『我が家に住む男』でスエが法廷でキム・ヨングァンを新しい父親として認め、自身の恋を手放し、視聴者の涙腺を刺激した。

去る28日午後に放送されたKBS2月火ドラマ『我が家に住む男』11話では、ホン・ナリ(スエ扮)が「婚姻無効訴訟」でコ・ナンギル(キム・ヨングァン扮)が新しい父親だと証言した以降の姿が描かれた。

ナンギルはナリに、「俺は今後嘘をつくと思う。だから俺はダメだ。俺はホン・ナリの土地だけを守る」と話し、これにナリは怒って、叔父シン・ジョンナム(キム・ハギュン扮)の側に立ち、母親とナンギルの婚姻が無効であることを証言すると話した。

ナリは、ナンギルとの法的父娘関係を切るという気持ちで法廷に出てきたが、最終的にはナンギルの側に立った。「コ・ナンギルさんとどのような関係ですか?」という弁護士クォン・ドクボン(イ・スヒョク扮)の尋問に、ナリは「新しい父親です」と答え、続いて「唯一の家族だ」とし、2人が父娘であり家族であることを法廷で認めた。

特に、両目いっぱいに涙を浮かべてナンギルに向かって大きく笑顔を見せるナリの姿は、視聴者の涙腺を刺激するのに十分だった。ナンギルとの幸せだった瞬間を回想しながら笑顔を浮かべ、涙を飲み込むナリの姿が切なさを醸し出し、同時に彼女がどのような気持ちで父娘であることを宣言したのかをそのまま表わし、お茶の間を熱くした。

ナリの証言により、「婚姻無効訴訟」は棄却され、ナリはナンギルに「法的に私達の関係は確定しましたね」と挨拶をした後、ドクボンの車に乗って法院(裁判所)を去った。ナンギルは去っていくナリの後ろ姿をしばらく眺めた後、こらえていた息を放って切なさを醸し出した。

ナリとナンギルは訴訟以降、切ない心の代わりに努めて「父娘の関係」だとお互いに線を引き始め、見る人の心を焦がすようにさせた。しかし、瞬間瞬間で見られる彼らの本心に視聴者たちは涙を流さざるを得なかった。

ナリは訴訟後、携帯電話もオフにして家に閉じこもり、犬の動画を見て明るい笑顔を浮かべるが急に落ち込みモードに突入するなどと、別れの痛みを全身で受けていた。これにナンギルは、連絡が途絶えた状態のナリを心配し、うろたえた姿を見せた。それだけでなく、嵐が吹きつける夜、ナンギルはナリとの思い出が詰まったビニールハウスを守るために全身で雨風と対抗し、最終的に風邪を患って横になり、気の毒さを醸し出した。

ナンギルが体調が悪いというニュースにナリは、スルギリに下りてきた。ナリは、ヨンギュ(チ・ユンホ扮)がナンギルが体調を崩して横になっている理由がビニールハウスを守るためにだったことを明らかにすると、切ない表情を浮かべるが、たちまちナンギルの部屋ではない家に入った。そして、「上手くできる、ホン・ナリ。あいつはまだ私の新しい父親よ」と唱えながらナンギルへの愛を抑えた。

ナリはナンギルのそばで一晩看護をし、ナンギルは夢うつつで見たナリの姿に涙を流した。ナリはこれを見て弱々しい笑顔を浮かべるが、心配に満ちた目で彼を見つめた。このように努めて隠そうとしても些細な部分で出る2人の切なさが、視聴者の息を詰まらせた。

真夏の夜の夢であるかのように朝になると2人は、「父娘」だと線を引きながらぶつくさした。ナリは、お粥と薬を用意しながらも丁寧に敬語を使った。ナンギルにぶっきらぼうに言葉を吐き、部屋から出たナリは「よくやった、ホン・ナリ」と独り言を言い、見る人まで心苦しくさせた。

荷物をまとめてスルギリに引越ししてきたナリは、ナンギルに動線と家の中の空間の使用に関する合意書を差し出した。これにナンギルは、こうするならなぜ下りてきたのかとぼやき、ナリは「私がこんなことをなぜ作ったと思う? なにごともないふりして過ごしてみたけど動けないほど全身が疲れて、かえってぶつかる方がましだと思った。そうすれば私たちの関係を受け入れることになるだろう」とし、ナンギルへの愛がまだ整理されていないことを、ナンギルとの生き別れが苦しいことを告白した。これにナンギルは悲しい表情を浮かべながらも、「俺は生地を作りに行く」と場を避けた。

続いてナリに危機が迫り、視聴者たちの心をハラハラとさせた。ナンギルが留守の間、ナンギルの部屋を漁っていたキム・ワンシク(ウ・ドファン扮)がナリにこの姿を見られ、ワンシクはこれを逆利用して、「今、俺の前にホン・ナリさんがいる」とナンギルを脅迫して緊張感を醸し出した。特に、ナリに近づきながら涼しい笑顔を浮かべるワンシクの姿が緊張感を存分に引き上げたと同時に、ナンギルがナリを救いに来ることができるのかに関心を刺激した。
  • MBNスター ソン・ジンア記者 / 写真=KBS2放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-11-29 07:17:43