「我が家に住む男」11話、チョ・ボアがイ・スヒョクの冷たい態度に当惑

「我が家に住む男」11話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『我が家に住む男』でチョ・ボアがイ・スヒョクの冷たい態度に戸惑った。

28日夜に放送されたKBS2月火ドラマ『我が家に住む男』(キム・ウンジョン脚本、キム・ジョンミン演出)11話では、ト・ヨジュ(チョ・ボア扮)がクォン・ドクボン(イ・スヒョク扮)に傷つけられる姿が描かれた。

この日、ヨジュはクラブでドクボンと会い、彼について出て行った。これにドクボンが、「なぜ俺についてくるんだ。俺が笑いものになっていることが分からないのか」と言うと、当惑したヨジュは「私は私のパートナーについて出てきた。興味ない」と話した。

ドクボンが続けて冷たく話すと、ヨジュは彼の初恋の人を言及した。先立ってヨジュはクォン・ドクシム(シン・セフィ扮)から自分がドクボンの初恋の人と似ているという話を聞いた状況だ。ヨジュが「良くなく別れたなら友人らに酒のつまみを与えたと考えて。私と似ているというけど、だからこうするの?」と挑発すると、ドクボンは「誰が誰に似てるって」とかっとなった。

ドクボンは、「ヨジュさんとナリ(スエ扮)さん、違うのではないか。ヨジュさんは何を考えているのか分からない。でも、あまりにも簡単だ」と話した。これを聞いたヨジュは傷ついたように、「変な話をするなら、私の気分を害せずに行って」と涙声で話した。
  • シックニュース キム・ジヨン記者 / 写真=KBS2画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-11-28 23:01:00