「我が家に住む男」14話 キム・ヨングァン、スエの父親から出て行けと言われ…

「我が家に住む男」14話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『我が家に住む男』のキム・ヨングァンの切なくスエを守る姿がお茶の間を魅了した。

去る6日に放送されたKBS2月火ドラマ『我が家に住む男』14話では、キム・ワンシク(ウ・ドファン扮)がコ・ナンギル(キム・ヨングァン扮)の継父ペ・ビョンウ(パク・サンミョン扮)を警察に密告して自首する姿が見られ、タダ金融との悪縁が整理されたが、コ・ナンギルの正体を知ったホン・ナリ(スエ扮)の父親がコ・ナンギルと一緒に暮らせないと話して、コ・ナンギルとホン・ナリの関係が危機に瀕して緊張感を高めた。

特に、この中で、いつでもどこでもホン・ナリのことを考えて、ホン・ナリを愛して、ホン・ナリによって存在するコ・ナンギルの憂いのこもった愛が女心をひきつけて、初冬のお茶の間を温めた。コ・ナンギルの頭の中には、ひたすらホ・ナリしかいなかった。手で饅頭を作りながらも、目ではホン・ナリを追って駆け付けたり、タダ金融との対決で傷ついたコ・ナンギルを心配するホン・ナリを慰めるために、ポータルサイトで悩みを検索するなど、世界の中心でホン・ナリを叫んでいた。

自らを継父だと紹介して堂々とホン・ナリを守ることを宣言したコ・ナンギルの前に、想像もできなかった難関が立ちはだかった。まさにホン・ナリの本当の父親の存在だった。ホン・ナリの父親を殺した罪悪感に苦しんでいた彼が、ついに生きているホン・ナリの実父に会ったが、もうこれ以上ホン・ナリと一緒にいることができなくなった。さらに「父」というホン・ナリとのつながりが切れ、彼女を守ることができない状況になった。泣き面に蜂でホン・ナリの実父はホン・ナリを誘拐するほどの詐欺師なのだ。コ・ナンギルと別に会ったホン・ソンギュ(ノ・ヨングク扮)は何も知らないような純粋な姿を徐々に消して、「君も私を覚えているか」と話して、コ・ナンギルを当惑させた。続いて「あの日、娘と一緒に来たのを見て、すごく驚いた。ナリの前で知っているふりもできないし。私はペ・ビョンウが恐ろしいほど嫌いだ。私の目もこうなったし…ペ・ビョンウの息子だろ?」と「君と私が同じ家に住むことはできない!」とホン饅頭の家から出て行くことを要求する。

ホン饅頭のお店はコ・ナンギルの避難所であり、ホン・ナリを守る基盤であり、ホン・ナリの母親との約束の場所だ。しかし、実父とホン・ナリの関係を壊すことがないコ・ナンギルはホン饅頭の3人組に饅頭を仕込む方法を伝授する一方、ホン・ナリに対する愛を一つずつ消していき、別れの準備をする。

この過程でホン・ナリに向けた切ない愛を静かに見せてくれたキム・ヨングァンの深みのある目つきは視聴者の心をしめつけ、常にドキドキさせた。ホン・ソンギュに出ていけと言われた後のキム・ヨングァンの目つきは焦りと悲しみ、地獄に落ちたような男の叫びが込められていたなら、ホン・ナリから「コ・ナンギル、継父になってくれて、ありがとう」という愛の言葉を聞いた後は、喜びをかくせないなど、恋に落ちた姿を見せた。一言で絶望して、一言で幸せを感じるこの男の代替不可な魅力は視聴者たちを無限のキム・ヨングァンブラックホールへと案内し、キム・ヨングァンが今年最高の収穫だったことを明らかにした。果たして、愚かな一筋の愛以外に対策がないキム・ヨングァンの純愛の結末がどのような姿なのか、来週の最後の2話を残して期待を高めた。
  • MBNスター ソン・ジナ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-12-07 08:28:07