「内省的なボス」8人8色のキャラクターポスター公開…期待感アップ


tvNの新しい月火ドラマ『内省的なボス』のキャラクターポスターが公開された。

来る1月16日に初放送されるtvN『内省的なボス』(脚本チュ・ファミ、演出ソン・ヒョンウク、制作KBSメディア)に出演するヨン・ウジン、パク・ヘスから、ユン・バク、コン・スンヨン、イェ・ジウォン、チョン・ヒョソン、ホ・ジョンミン、ハン・ジェソクの姿が収められたポスターが公開され、作品に対する好奇心を高めている。

『内省的なボス』はベールに包まれた幽霊と呼ばれる非常に内省的なボスのウン・ファンギと超強力な親和性を持つ新入社員チェ・ロウンが繰り広げる疎通ロマンスだ。『恋愛じゃなくて結婚』を誕生させたソン・ヒョンウク監督とチュ・ファミ作家が再び意気投合した作品だ。

26日に公開されたポスターの中には内省的なボス「ウン・ファンギ」のヨン・ウジンの姿が収められている。「超小心者、ボス、ドアを閉める男」というコピーと一緒に、閉ざされた口元、無表情をしている。パク・ヘスはあふれるエネルギーと超強力な親和性を持つ新入社員「チェ・ロウン」キャラクターを披露する。公開されたポスターでパク・ヘスは「弾けるはつらつさ、新入社員、ドアを開く女」というコピーと見る人をも笑顔にする愛らしい笑顔を浮かべている。

ユン・バクは劇中、ウン・ファンギの「ブレーン広報」共同代表として、すらりとした外見に優れた話術を備えた魅力的な男「カン・ウイル」を熱演する。ポスターの中のユン・バクは「コミュニケーションの王、イケメン代表、理想的なリーダー」というコピーで、ウン・ファンギと相反するイメージを表わしている。 「ウン・イス」役のコン・スンヨンは優雅で落ち着いた外観とともに「配慮王、財閥女、3年目婚約中」というコピーで好奇心を刺激する。

それだけでなく、ワーキングママAE「タン・ユヒ」役を演じるイェ・ジウォンは、ポスターの「ワーキングママ、万年課長、パンシャトル」というコピーを介して分かるように、この時代のワーキングママの苦情を実感できるように表現する予定だ。また、ウン・ファンギの秘書「キム・ギョリ」役を熱演するチョン・ヒョソンは「超敏感、秘書、神経衰弱」というコピーで面白みを増した。

ホ・ジョンミンはポスターの「毒舌、高スペック、口やかましい」というコピーのように、憎めないキャラクター「オム・ソンボン」役に、新入社員のチャン・セジョン役に変身したハン・ジェソクはポスターであどけない笑顔で魅力を発散してている。

一方、非常に内省的なボスと超強力な親和性を持つ新入社員が繰り広げる疎通ロマンスtvN『内省的なボス』は『ブッとび!ヨンエさん15』の後続として放送される。
  • MBNスター キム・ジンソン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-12-26 14:52:46