「キム・ボクジュ」チョ・ヘジョン、チ・イルジュ、イ・ジュヨンが探偵ごっこ

「力道妖精キム・ボクジュ」 

MBC水木ドラマ『力道妖精キム・ボクジュ』のナム・ジュヒョクの後をつけているイ・ジュヨン、チョ・ヘジョン、チ・イルジュの「探偵ごっこ」の現場が公開された。

ナム・ジュヒョクは『力道妖精キム・ボクジュ』でスタートトラウマを克服した後、水泳大会で2位になり、希望に満ちた未来を予想させる水泳選手チョン・ジュンヒョン役を引き受けた。またイ・ジュヨン、チョ・ヘジョン、チ・イルジュは、それぞれ両親の反対にもかかわらず屈せずに重量挙げの人生を進む重量挙げ選手イ・ソンオク役、可愛い魅力で重量挙げ部を仕切る重量挙げ選手チョン・ナンヒ役、常にポジティブで陽気な世渡りの達人水泳選手チョ・テグォン役を引き受けて熱演している。

何よりも劇中、イ・ソンギョン(キム・ボクジュ役)とナム・ジュヒョクの恋が叶い、2人の親友であるイ・ジュヨン、チョ・ヘジョン、チ・イルジュも一緒に団欒の時間を過ごし、さらに親密になった状況だ。そこで、ナム・ジュヒョクの後をつけるイ・ジュヨン、チョ・ヘジョン、チ・イルジュの様子が公開されてさらに注目を集めている。

ナム・ジュヒョクと親友3人の「探偵ごっこ」のシーンは、去る8日にソウル市松坡区の韓国体育大で行われた。ナム・ジュヒョクのあとをこっそりつける内容にもかかわらず、視線を集めるチョ・ヘジョンの鮮やかな赤い衣装のおかげで、現場では「見えないほうがおかしい」というジョークが飛び交っていた状態。しかし、チョ・ヘジョンは誰よりも熱心に隠れて、この探偵ごっこの場面を完成させた。

また、放映終了が近づくにつれ、情が移った撮影地と別れを告げる俳優とスタッフたちは苦労や思い出の残る場所で記念写真を撮影するなど、「別れの儀式」を行っている。この日も重量挙げ部の訓練の時から約6カ月間、出入りしていた韓国体育大での最後の撮影を終えて、俳優たちとスタッフたちは「プール入水イベント」を繰り広げるなど、貴重なひとときを過ごした。

制作会社チョロクベムメディア側は「時間が経つにつれて親しくなる俳優たちの姿が現場をさらに暖かく明るくしている」とし「暑さがまだ残っているときに始めた撮影がもう最終回の準備をしている。最後のピリオドまでさらに熱心に、最善を尽くして良い作品を作る」と明らかにした。

一方、わずか1話だけ残して、イキイキとして甘い青春ロマンスの華やかな「終わり」を準備している『力道妖精キム・ボクジュ』16話(最終回)は、来る11日午後10時に韓国で放送される。
  • O2CNI / 写真=チョロクベムメディア
  • 入力 2017-01-10 15:00:00